育毛剤の正しい使い方と間違った使い方を紹介します。

【育毛剤の正しい使い方】育毛剤を正しく使って育毛効果を倍増しに!

育毛剤の使い方によって育毛剤の効果が何倍も変わります。

育毛剤を正しく使えば育毛剤の発毛促進効果が十分に発揮され、抜け毛の予防や薄毛のケアができます。

ただ間違った使い方をしていると、せっかくの育毛剤もあまり効果を発揮しません。

育毛剤を正しく使って、抜け毛の予防と薄毛のケアをしましょう。

 

育毛剤を朝に正しく使って薄毛ケア効果を倍増しにしよう!

「朝と夜、2回シャワーを浴びてから育毛剤を使うの?」

「育毛剤をつけてワックスを塗っても大丈夫?」

朝につけたら液体が残るし臭くなりそうだし、塗りすぎのような気もします。

しかし、育毛剤は朝起きた後と夜寝る前の1日に2回使っても良いのです。

夜寝る前と朝起きた後に育毛剤を使用することによって、一日中育毛剤の作用が持続します。

育毛剤の朝の基本的な使い方として、夜のように髪の毛を洗髪して使う必要はありません。

前の晩にシャンプーで洗髪をしたのであれば、朝にもう一度育毛剤をつけるために洗髪をする必要はありません。

朝に育毛剤を使う時は、整髪料を使用する前に育毛剤を塗り、軽くマッサージしながら添付しましょう。

 

育毛剤の使い方の正しい手順!正しい付け方の手順で育毛効果を発揮させる

「育毛剤を使うのは濡れたままか乾いたあとか?」

「育毛剤の使い方がわかりません!」

育毛剤の使い方や手順をを間違えると効果が半減しそうで不安になります。

でも一回正しい手順を覚えてしまえば、育毛剤の使い方にそんなに神経質にならずに済みます。

育毛剤の正しい手順や使い方をマスターして、育毛剤の効果を存分に発揮させましょう。

〔育毛剤の正しい使い方〕頭皮を清潔にし、育毛剤の浸透力ををあげるシャンプーの仕方

育毛剤を塗るのはシャンプーをして頭髪や頭皮を綺麗にした後です。

しかしシャンプーのやり方が間違っていると洗い方がたりなかったり、頭皮に脂が残っていたりして、頭皮が育毛剤を塗る準備が整っていません。

育毛剤をしっかり毛穴から毛根まで浸透させるために、正しいシャンプーの仕方をマスターして育毛剤の浸透力を高める努力をしましょう。

 

〔育毛剤の使い方〕育毛剤の浸透力を高めるシャンプーの仕方:お湯で予洗いをする

正しい頭髪の洗い方として、まずシャンプーをつける前に予洗いをします。

予洗いの仕方としてはシャンプーをつける前に、38度程度のシャワーで2~3分ほど髪の毛をまんべんなくすすぎます。

実はこの予洗いで髪の毛の埃や皮脂は6~7割は落ちます。

そして予洗いをして頭皮を温めることによって、頭皮の皮脂や角質が溶けたり柔らかくなり落としやすい状態になります。

予洗いによって皮脂や角質の油を浮かせるイメージを持ってお湯ですすぐ事がポイントです。

 

〔育毛剤の使い方〕育毛剤の浸透力を高めるシャンプーの仕方:シャンプーで本洗い

シャワーで予洗いが終わったらシャンプーを使って本洗いをしていきます。

シャンプーを使って予洗いで落ちきれなかった皮脂や頭皮の角質を落としていくイメージで頭皮を洗います。

シャンプーを泡立てて頭皮を綺麗にしていきますが、ここにポイントがあります。

シャンプーで頭皮を綺麗にする方法として頭皮に爪を立ててしまいがちですが、爪を立てて頭皮を洗うのは、頭皮を傷つけて頭皮環境を破壊するのでやめましょう。

シャンプーで頭皮を洗う方法として正しい洗い方は、指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗う方法です。

指の腹でマッサージするように頭皮を洗うことによって、予洗いで浮いた皮脂や角質を満遍なく落としていくことができます。

皮脂や角質をシャンプーでしっかり洗って流すことによって、育毛剤が毛穴に浸透しやすい環境ができます。

シャンプーで頭皮を満遍なく泡立てながらマッサージしたら、すすぎにはいります。

すすぎはシャンプーが残らないようにしっかりとお湯ですすぎましょう。

正しい育毛剤の付け方をマスターして育毛剤の効果を高めよう。

育毛剤は正しい塗り方があります。

育毛剤の塗り方をマスターすることによって、効果的に育毛剤の作用を高める事ができます。

育毛剤の塗り方をマスターして正しく抜け毛や薄毛のケアをしましょう。

 

正しい育毛剤の付け方と手順:髪の毛を分ける

育毛剤の塗り方のポイントとして、髪の毛を分けながら塗るというポイントがあります。

どういうことかというと、育毛剤を塗る際にまず、髪の毛を手でかき分けて頭皮をむき出しにします。

頭皮をかきわけて、むき出しになった頭皮部分にダイレクトに育毛剤を塗っていきます。

育毛剤は頭皮にダイレクトに塗って毛穴や毛根に浸透させることによって、抜け毛予防の効果を発揮します。

育毛剤を塗るときに髪の毛の上から塗ってしまいがちですが、育毛剤を髪の毛に塗っても効果を発揮することはありません。

髪の毛を分けてむき出しにした頭皮に育毛剤を塗ることによって、育毛剤が髪の毛に残ることを防ぐばかりか、育毛剤の効果をしっかりと発揮させることができます。

育毛剤は髪の毛の上から塗ることなく、必ずむき出しにされた頭皮の部分に塗るようにしましょう。

 

正しい育毛剤の付け方とつける場所:気になる部分の頭皮へダイレクトにつける

髪の毛を分けてむき出しにした頭皮部分へ育毛剤をつけるわけですが、髪の毛をかき分けた箇所につける育毛剤の量は決まっています。

髪の毛をかき分けて育毛剤をつけるときに、むき出しになった頭皮へつけるべき育毛剤の量は、スプレー式の育毛剤の場合約2~4プッシュ分です。

むき出しにした頭皮に2~4プッシュ分吹きかけたら、育毛剤を頭皮になじませるために、すかさずに指の腹で育毛剤を伸ばすようにマッサージをします。

薄毛や抜け毛が気になる部分に2~4プッシュずつを合計20プッシュ程度吹きかけると一回の使用量になります。

 

正しい育毛剤の付け方:スプレー式育毛剤の正しい使い方

スプレー式の育毛剤の場合にやってしまいがちなのが、薄毛が気になる箇所に集中的に何度も何度も吹きかけてしまうということです。

集中的に育毛剤を何度もプッシュしてしまうと液だれをおこして育毛剤が垂れたり残ったりしてしまいます。

液だれをおこすと非常にもったいないばかりでなく、余分な育毛剤が髪の毛について残って固まってしまう原因になります。

余分な育毛剤が髪の毛について固まってしまうと、酸化したり埃がついたりします。

参加した育毛剤は皮脂と混じりあったりして角質になる原因になりますし、角質ができると頭皮環境が悪化します。

一度に集中的にプッシュするのは液だれをおこして頭皮環境を悪化させるのでやめましょう。

 

正しい育毛剤の付け方:正しい育毛剤の一回の使用量

一回の育毛剤の使用量は2mlです。

イクオスの育毛剤のボトル1本の内容量は約120ml入っていて、120mlで1ヶ月使用します。

1日に朝と晩の2回使用するので、1日の使用量は4mlづつ使っていくとちょうど1ヶ月で120mlになります。

10プッシュで約1mlなので、20プッシュで2mlになります。

お風呂に上がった後に使う育毛剤の量は、イクオスで20プッシュを目安に使っていくと、ちょうどよく1ヶ月で効果的に使い切ることができます。

正しい育毛剤の付け方:発毛剤の塗り方と付け方と付ける量

育毛剤より成分が強く副作用が強く出る発毛剤は使い方に注意が必要になります。

まず、1日に使ってよい使用量は朝晩2回で2mlで一回に1ml以上の量を使ってはいけません。

無添加の育毛剤の場合は使いすぎても特に問題は起こりにくいのですが、成分の強い発毛剤の場合は使いすぎには注意が必要です。

一回の使用量を増やしたからといって、その分髪の毛の成長が早くなるということは全くありません。

しかも一回の使用量が1mlを超えてしまうと頭皮環境が悪化するばかりか副作用が出やすくなります。

また、発毛剤は傷がある時などは使用を控えなければなりません。

それは強力な成分が傷を刺激して、傷を悪化させて頭皮環境を破壊してしまうからです。

また、傷がある状態で発毛剤を使用すると、強い成分が傷から体内に入り込み体内を循環します。

発毛剤の強い成分には血圧を変えたり、めまいや立ちくらみをおこす症状が報告されています。

発毛剤の使い方は非常に難しく、しかも使い方を間違えると頭皮環境を悪化させるだけではなく、副作用も強くでます。

頭皮環境を整えて長年にわたり髪の毛をしっかりと健康に保ちたい場合は、発毛剤の使用は控えて天然成分を使った育毛剤を使用しましょう。

 

育毛剤は匂いのきつくない香料無添加のものを使おう。

朝、育毛剤を使用すると気になるのが頭皮の匂いです。

匂いの強い育毛剤を使用することによって、頭皮の匂いが強く発する場合があります。

そうなると周囲に育毛剤の使用がバレてしまうばかりか、頭皮の匂いで周りに迷惑がかかっていないか気になります。

育毛剤を朝も匂いを気にせずに使いたいので、朝も使えるように香料が無添加で匂いのしない天然成分でできた育毛剤を使用しましょう。

イクオスは天然成分から作られた無添加の育毛剤で、育毛剤独特のいやな匂いがしないことで大人気の育毛剤です。

朝と夜に育毛剤を使って育毛剤の効果を増したいところですが、朝育毛剤の匂いを気にしないで育毛剤を使いたい方は、イクオス育毛剤がオススメです。

育毛剤を使って一緒にワックスなどの調髪剤を使っても問題ない

朝に髪の毛をセットする際に、育毛剤を使った後にワックスなどの整髪料を使っても問題はないです。

ワックスは育毛剤と変な化学反応をおこしてしまいそうなイメージですが、無添加の育毛剤の場合は天然成分でできているので問題はありません。

ただし、育毛剤の吸収が悪くなる可能性があるので、ワックスなどを使用する場合は育毛剤を使ってからワックスを使用しましょう。

 

 

育毛剤の間違った使い方と注意点:使い方を間違えると逆にハゲる

育毛剤を使用する上での注意点があることも留意しておかなければなりません。

育毛剤の間違った使い方は、育毛剤の効果がなくなるばかりか、頭皮環境の悪化や副作用を招きます。

育毛剤を使うからにはしっかりと薄毛をケアして抜け毛を予防したいところですが、育毛剤はどう使っても効果は変わらないように感じます。

育毛剤はだれでもどこでもどのようにも使って良いというわけではなく、正しい使い方と間違った使い方があります。

特に間違った使い方は、頭皮環境を悪化させたり副作用を招いたり、最悪の場合逆にハゲを招く事もあります。

ここでは育毛剤の使い方の注意点を紹介していきます。

 

〔育毛剤の使い方〕育毛剤を使って良い年齢:未成年者も育毛剤を使ってよい

天然無添加の育毛剤は未成年者も使う事ができます。

無添加の育毛剤に関しては使ってはいけない年齢というものはなく、天然の成分でできていて副作用もないので誰でも使う事ができます。

 

〔育毛剤の使い方〕発毛剤は未成年者は絶対に使ってはいけない

無添加の育毛剤の使用には年齢制限はありません。

しかし強い成分が含まれている発毛剤は、未成年者は使う事ができません。

発毛剤は主に成人男性のために発売されています。

成人男性であっても副作用が強く出る場合がありますし、未成年者であれば成人男性よりも副作用がより強く出る可能性があります。

未成年者が使用したデータは取れていないということもあり、どのような影響が出るのかは未知数です。

未成年者の場合は発毛剤をつかうのは絶対に避けましょう。

育毛剤を使用する期間は最低でも3ヶ月以上つづけよう

育毛剤の使い方で間違った使い方として多くあるのが、短期で育毛剤の効果を求めようとしてしまうということです。

たしかに育毛剤を使用すると髪の毛が最初の1ヶ月で生き生きとしてくるのを感じる事はできます。

でも育毛剤を一本1ヶ月使用したからといって、髪の毛の量がふさふさになるということはありません。

育毛剤を使用して頭皮環境が改善されて発毛促進効果を実感するには、最低でも3ヶ月以上は使用しなければなりません。

その理由として育毛剤が発毛促進効果を発揮し始めるのは、育毛剤が頭皮の環境を整えて発毛環境が整った3ヶ月後くらいからなのです。

発毛が促進されて、それを実感する事ができるようになるまで3ヶ月以上はみておきましょう。

 

育毛剤と発毛剤は併用して使用すると育毛剤の効果がなくなる

「育毛剤と発毛剤を併せて使えば効果も倍増するだろう」

「はやく結果を出したい」

育毛剤と発毛剤を併用すると、育毛剤の作用と発毛剤の作用が合わさり、発毛効果が高まるのではないかと期待するかもしれません。

しかし、育毛剤と発毛剤を併用しても二つの効果が促進されることはなく、むしろ逆にハゲる可能性があります。

 

育毛剤と発毛剤の併用は全くの逆効果

発毛剤と育毛剤を併用しても効果がない理由は、発毛剤の強い成分と育毛剤の成分が反応しあい、頭皮に優しくない反応をしてしまうためです。

発毛剤の成分は非常に強く、単独で使用しても頭皮の環境を破壊してしまいます。

その強い発毛剤の成分と育毛剤を併用して成分同士を反応させてしまう事によって、肌の環境が悪化するスピードがより一層高まります。

頭皮環境の悪化は抜け毛を招き、頭皮環境が悪化した頭皮では髪の毛が正常に生えていることができません。

髪の毛の事を考えるのであれば、無理な発毛をするのではなく、頭皮の環境を整えて発毛の環境を整えてあげた方がよいのです。

育毛剤のボトルを2種類併用しても効果は変わらない。

では、育毛剤と育毛剤の2種類を併用するのはどうでしょうか。

育毛剤と育毛剤の2種類を併用しても、特別に効果が上がるということはありません。

育毛剤それ自体は、各メーカーが成分のブレンドの比率を考えて一本の育毛剤を作り上げています。

育毛剤のプロのメーカーが苦労して考えた成分の比率を変えてしまうのは得策ではありません。

一本の育毛剤はそれ自体でしっかりと効果が出るように作られているので、併用したりする必要は特にありませんし、併用しても効果は変わらないのです。

 

育毛剤の使用する量に気をつけよう!つけすぎても効果は変わらない。

「つければつけるほど効果が増すだろう」

「早く効果がでてほしい」

育毛剤をつければつけるほど効果が上がるように思えるかもしれません。

しかし、1回に育毛剤を使用する量を増やしたところで効果が増すということはありません。

育毛剤は1回につける量が育毛剤のメーカーごとに決まっているので、規定の量の通りに塗りましょう。

規定量を超えて1日に2日分の量をつけたとしても、1日分の発毛促進効果しか得られません。

育毛剤の1日に使うべき使用量はメーカーの規定量を守って使いましょう。

育毛剤の液だれは頭皮環境を悪化させるので注意!

育毛剤を使いすぎて倍の量を使っても、効果が変わらないどころか頭皮環境を悪化する恐れがあります。

育毛剤のつけすぎは、髪の毛に育毛剤が残る原因になります。

髪の毛に育毛剤が残ると、残った育毛剤に埃がついて汚れたり、酸化してしまう原因になります。

汚れて酸化した育毛剤は菌を発生させたりして頭皮環境を悪化させる原因になります。

頭皮環境の悪化は発毛環境にとってマイナスになってしまいます。

育毛剤の一回の使用量は必ず使用量を守りましょう。

育毛剤の使用頻度を増やしても効果は変わらない。

育毛剤の間違った使い方として、効果を出そうと焦るあまりに使用頻度をあげてしまうということがあります。

しかしながら、育毛剤の使用頻度をあげても効果は変わりませんので、1日の適切な使用回数を守りましょう。

育毛剤は1日に2回の使用が最適な使用回数です。

それ以上、たとえば1日に3回使っても効果は変わりません。

むしろ育毛剤のつけすぎは、残った育毛剤が頭皮環境を悪化させる原因になったり、毛穴をつまらせる原因になります。

効果を焦って使用する頻度をあげないようにしましょう。

関連ページ:育毛剤の使い方のタイミングと育毛剤の効果を発揮する使い方

2018年おすすめの育毛剤のランキング

 
 

おすすめの育毛剤ランキング

育毛剤イクオスを徹底解説
 

One Response to “育毛剤の正しい使い方と間違った使い方を紹介します。”

  1. agaman より:

    育毛剤の正しい使い方がわかりました。
    シェアします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ