【危険 育毛剤】危険な育毛剤の副作用と避けるべき成分

危険な育毛剤には肝機能障害がおこったり性機能障害(EDや性欲減退など)が起こる可能性があります。

育毛剤を使うと、妊娠ができなくなったり病気になったりするという噂を聞いたことがありませんか?

ここでは、危険な育毛剤の危険な副作用と、避けるべき危険な成分の紹介をします。

 

危険な育毛剤の副作用

危険な育毛剤の副作用が起こると、妊娠が難しくなったり、生命の危険が及ぶ病気になります。

危険な育毛剤は医療品に分類されており、医療品の育毛剤は副作用のリスクが高いです。

医療品の育毛剤は強い成分が使われているので、使用するには医師の処方か薬剤師の相談が必須です。

病気や不妊のリスクのある育毛剤は、「頭がすでに禿げ上がっている」という人以外は、使うべきではありません。

特に妊活中の男性や、副作用が出やすい体質の人は避けたほうがよいです。

ここでは危険な育毛剤や成分を紹介しながら、危険な育毛剤のリスクも併せて紹介します。

 

危険な育毛剤は男性機能障害や奇形児など、妊娠に影響がでる。

危険な育毛剤は精子に影響を与える育毛剤があります。

精子に影響を与える育毛剤の成分は「フィナステリド」と「デュステリド」です。

医療品の強い成分が配合されている育毛剤を使うと、精液にふくまれる精子の量が減少することがあります。

性液に含まれる精子の量が減退すると妊娠することが難しくなります。

精子の量を減退させる育毛剤には、副作用の強い成分が含まれています。

妊娠への影響を考えると、副作用の強い成分が配合されている育毛剤は避けるべきです。

 

危険な育毛剤は肝臓機能低下やめまいやかぶれなどの症状が出る。

危険な育毛剤を使うと、生命に危険が及ぶような症状がでる副作用が起こる場合があります。

医療品の強い成分の育毛剤を使うと、肝機能障害心臓疾患頭皮のかぶれや炎症や全身のアレルギー反応や蕁麻疹抑うつなどの症状がでることがあります。

医療品の強い成分とは、フィナステリドやデュステリドやミノキシジルといった成分です。

危険な育毛剤にはもともと、別の病気を治すための医療薬の主成分が配合されています。

たとえばミノキシジルは、血圧を下げる薬として使われていました。

ミノキシジルは「血圧を下げる薬の副作用」として髪の毛が生える副作用が見つかったことから、育毛剤として改良されました。

危険な育毛剤に使われている成分は、体毛が濃くなったり髪の毛が生えたりするくらいで、とても強い副作用がでます。

髪の毛が生える副作用の他にも、心臓疾患や肝機能障害、EDなど男性機能障害、めまいやうつなどの症状がでます。

また髪の毛が生えるのも成分の副作用の一つなので、育毛剤としてつかっても髪の毛が生える副作用が起きない場合があります。

体が薬品に敏感な方は、医薬品の成分が配合されている育毛剤は使用するのは避けたほうが良いです。

 

危険な育毛剤の成分

危険な育毛剤の育毛剤は、成分をみれば危険な育毛剤かどうかを判断できます。

危険な育毛剤は副作用の強い成分が使われています。

危険な育毛剤を避けるには、育毛剤に配合されている特定の成分を避けましょう。

育毛剤に使われている危険な成分は、ミノキシジル、フィナステリド、デュステリドです。

これらの成分は医療品の成分なので、基本的には医師や薬剤師との相談が必要です。

ですが一般的に市販されていて、手軽に手に入るものもありますので注意が必要です。

それでは各成分の危険性や副作用のリスクを紹介します。

 

ミノキシジルの副作用

育毛剤に配合されている副作用の強い成分は、ミノキシジルという成分です。

ミノキシジルはリアップやロゲインといった育毛剤に配合されています。

ミノキシジルは飲み薬と塗り薬がありますが、現在日本では飲み薬を販売していません。

そのためミノキシジルは海外輸入をして手に入れます。

それに対して塗るタイプのミノキシジルの育毛剤は、薬局で簡単に手に入ります。

それではミノキシジルの副作用を紹介します。

 

ミノキシジルの副作用その1:頭皮環境の悪化

ミノキシジルの副作用は、フケが増えたり皮脂が増えて髪の毛が脂でベトベトになります。

ミノキシジルは成分が強く、頭皮に炎症が起こります。

頭皮に炎症が起こると皮脂が過剰に分泌されたり、頭皮の皮がむけてフケが増えたりします。

頭皮環境が荒れると髪の毛が生えるどころか、逆に抜け毛が増えることがあります。

 

ミノキシジルの副作用その2:頭皮が炎症・かぶれてめっちゃかゆくなる

ミノキシジルの副作用は主に、頭皮がかぶれたり炎症して、強烈な痒みが一日中止まらなくなります。

強烈な痒みがおこると育毛剤を中止せざるをえなくなります。

ミノキシジルで頭皮が荒れてしまって、頭全体の頭皮が真っ赤になっている人も珍しくありません。

頭皮のかぶれは、頭皮に塗るタイプのミノキシジルの育毛剤で起こります。

 

ミノキシジルの副作用その3:血圧上昇や血圧低下、めまいや動悸がおこる。

ミノキシジルの副作用で血圧が上昇したりめまいや動機が起こることがあります。

めまいや血圧が上昇する症状は、飲むミノキシジルの育毛剤だけでなく、塗る育毛剤でも起こります。

ミノキシジルはもともと血圧を下げる薬として使われていました。

ですのでミノキシジルを飲んだり塗ったりすると、血圧に変化が起こります。

高血圧の方や低血圧の方は、ミノキシジルを使用するとさらに血圧に異変が起こります。

血圧に異変が起こっているかたはミノキシジルを使用するのは避けましょう。

さらにミノキシジルは神経を刺激するので、めまいや動悸が起こります。

ミノキシジル配合の育毛剤は、副作用が強く出るので使用するときは注意しましょう。

 

フィナステリドの副作用

フィナステリドが配合されている育毛剤は副作用が強くでて危険です。

フィナステリドには勃起不全や精子形態の異常など、男性不妊の原因になる副作用以外にも重大な副作用があります。

フィナステリドが配合された飲み薬の育毛剤を服用していると、肝臓の機能が低下します。

またフィナステリドを服用し続けると、男性であっても乳房が大きくなったり、乳房が痛くなることがあります。

その他のフィナステリドの副作用として、めまいがあります。

「本当に髪の毛が一本もないので、なんとかして生やしたい!」くらいの状態でなければ服用するのは避けましょう。

「薄毛が徐々に進行している」くらいの状態でしたら、副作用のない薬用育毛剤でも十分にケアできます。

それではフィナステリドの副作用を紹介します。

 

フィナステリドの副作用その1:男性機能障害

フィナステリドの副作用に男性機能障害(EDや精子の形・数の異変)が起こります。

子供が欲しい男性は、フィナステリドが配合されている育毛剤を使うのはやめましょう。

ED(勃起不全)や性欲が減退の症状が起こると、性交渉が難しくなります。

精子の形や数に異変が起こると、性交渉をしても受精しにくくなります。

フィナステリドは妊活中の男性が使うと、子供が作れなくなる恐れがあります。

妊活中の男性は、フィナステリドの含まれている育毛剤(プロペシア)をつかうのはやめましょう。

フィナステリドによる男性不妊の詳細をこちらで詳しく紹介しています。

 

フィナステリドの副作用その2:肝機能障害

フィナステリドの副作用に、肝機能障害があります。

フィナステリドの副作用の一つに、肝機能の低下があります。

30〜50代の男性は付き合いでお酒をよく飲み、肝臓の機能が低下しています。

また酒の飲みすぎで脂肪肝になっていることがあり肝臓の機能が低下していることがあります。

フィナステリドは肝臓に強い負担がかかります。

肝臓に何らかの異常があらわれていたり、血液検査で異常な数値が出ている方は

フィナステリドを使用すると危険です。

フィナステリドは肝臓が健康な男性でも、肝機能が低下する恐れがあります。

フィナステリドは肝臓機能が低下している方や、肝機能障害が怖い方は使用するのはやめましょう。

 

フィナステリドその3:女性はふれるだけでも危険

フィナステリドは女性が触れただけでも危険な成分です。

フィナステリドを女性が触れると、奇形児の男児が生まれる恐れが高まります。

このフィナステリドの危険性は都市伝説ではなく、厚生労働省が公式に発表しています。

妊娠中か、その可能性のある女性は:
-絶対にプロペシアを使用してはいけません。
-砕けたり割れたりしたプロペシアの錠剤をさわってはいけません。
男の子を妊娠している女性の体内にプロペシアの有効成分が入ると、それが口から入った場合であっても、皮膚に付着して吸収された場合であっても、男の子の生殖器に異常を起こすおそれがあります。妊娠中の女性がプロペシアの有効成分に触れてしまった時には、医師に相談して下さい。

引用:厚生労働省ホームページ「プロペシアに(PROPECIA)(男性脱毛症用薬)に関する注意喚起

なお「プロペシア」は育毛剤の「商品名」のことです。

プロペシアという育毛剤に使われている「成分」が「フィナステリド」です。

フイナステリドを妊娠中の女性が触ると、奇形児の男子が生まれる危険性があります。

女性はフィナステリドを使うのはもちろんのこと、触るだけでも危険ですのでやめましょう。

 

デュステリドの副作用

デュステリドという成分も危険な成分です。

デュステリドが含まれている育毛剤はフィナステリドをさらに強くした成分です。

デュステリドは「ザガーロ」という商品名の飲み薬の育毛剤に含まれています。

デュステリドは「性機能障害」やアレルギー反応、下痢やお腹の不調などの副作用が現れます。

完全に禿げ上がっていて困っているという方以外は、使用しないほうが良いです。

 

デュステリドの副作用その1:性機能障害(勃起不全、ED)

デュステリドは性機能障害が起こる可能性があり危険です。

特に妊活中の男性は、子供が作れなくなるのでデュステリドを含んでいる育毛剤を使用してはいけません。

デュステリドもフィナステリドと同じく、勃起不全や射精障害が起こります。

勃起不全や射精障害が起こると、性交渉をすることが難しくなります。

妊活中の男性はデュステリドを含む育毛剤を使うのはやめましょう。

 

デュステリドの副作用その2:肝機能障害や下痢や腹部の不快感

デュステリドを服用すると、肝機能障害や下痢や腹部の不快感が起こり危険です。

デュステリドは肝臓で代謝されますが、肝臓に負担がかかり肝機能に異常が現れることがあります。

40代50代はお酒の影響から肝機能が弱くなっていることがあります。

肝機能が弱っている状態でデュステリドを服用することは、肝臓にさらなる負担がかかります。

デュステリドは肝機能に障害を起こす危険があるので、肝臓の数値が悪い方は絶対に服用してはいけません。

またデュステリドを服用すると、お腹が重くなって一日中違和感が起こることもあります。

さらに下痢になることもあります。

デュステリドはお腹が弱い方や、肝臓の数値が気になっている方は服用するのは避けましょう。

 

デュステリドの副作用その3:蕁麻疹やアレルギー反応

デュステリドの副作用として、蕁麻疹やアレルギー反応があります。

デュステリドを服用していると、身体中の皮膚に蕁麻疹がおこったり、体が腫れたりするアレルギー反応が起こることがあります。

デュステリドで肌にアレルギー反応や蕁麻疹がおこると、全身がかゆくなります。

デュステリドが配合されている育毛剤(ザガーロ)は肌が弱い方の使用は避けたほうが良いです。

 

危険な育毛剤を避けるなら副作用がない薬用育毛剤がおすすめ

妊活中の男性や肝臓の数値が気になる男性は、危険な育毛剤を避けて副作用のない育毛剤を使用しましょう。

危険な育毛剤を使用すると、肝機能障害がおこったり生殖機能に障害が起こります。

でも天然成分使用の育毛剤なら、副作用が全く出ずに薄毛のケアができます。

自然由来の天然成分は漢方でも使われている植物のエキスで、薄毛に効果があります。

天然成分が抜け毛の原因をブロックし、毛根を刺激して髪の毛を生き生きとさせます。

薄毛を何とかしたいけれど危険な育毛剤は怖いという方は、天然成分使用の薬用育毛剤を使用しましょう。

天然成分使用の副作用のない薬用育毛剤の詳細はこちらです。

2018年おすすめの育毛剤のランキング

 
 

おすすめの育毛剤ランキング

育毛剤イクオスを徹底解説
 

One Response to “【危険 育毛剤】危険な育毛剤の副作用と避けるべき成分”

  1. agaman より:

    こんにちは。避けるべき成分は「ミノキシジル」「フィナステリド」「デュステリド」ですね

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ