育毛サプリに副作用は本当にないの?育毛サプリは安全な髪の毛の栄養食品

育毛サプリは髪の毛の健康を保つ効果がありますが、副作用はありませんしとても安全です。

「育毛薬は副作用が強い」という噂をどこかで聞いたことがあるかもしれません。

ですが、育毛サプリに関しては危険な副作用はなく、とても安全です。

副作用があるのはAGAの治療薬で、生殖機能に障害が起こったり、循環器系に異変が起こります。

育毛サプリに副作用があるとしたら、飲み過ぎによる軽い中毒か食品のアレルギーです。

ここでは、育毛サプリの安全性や副作用について紹介します。

 

育毛サプリは副作用なしの安全安心な髪の毛のためのサプリメント

育毛サプリは副作用がなく、髪の毛にとって必要な栄養素をとれるとても有効なサプリメントです。

育毛サプリは食品に分類されているので、薬のような副作用は全くありません。

育毛サプリに副作用や注意点があるとしたら、飲み過ぎによる体調不良か食品のアレルギーくらいです。

育毛サプリは副作用がなく、安心して毎日のむことができる髪の毛のためのサプリメントです。

 

育毛サプリは食料品なので副作用がなく安全

育毛サプリは副作用がなく安全にのむことができますが、それは育毛サプリが食料品だからです。

育毛サプリの効果や役割は、毎日の生活で不足している、髪の毛の栄養を補給することです。

髪の毛は栄養が不足すると先細りし、ついには抜け毛の原因になります。

しかし育毛サプリを飲むことで、髪の毛に必要な栄養をあたえ、太くてコシのある髪の毛に成長させます。

そして育毛サプリは医療品の薬とは違い、体の免疫に作用しないので体に負担がかかりません。

育毛剤サプリの役割は、不足している栄養を補給する食料品の役割しかないので、医療品のような副作用は全くないのです。

 

育毛サプリの副作用に注意点があるとしたら食品のアレルギーと過剰摂取

育毛サプリは副作用はないのですが、注意点があるとしたら過剰摂取と食品のアレルギーです。

育毛サプリは食料品で医療品のような副作用はありませんが、食品のアレルギーが起こる場合があります。

育毛サプリには亜鉛やノコギリヤシ 、フィーバーフューやイソフラボンが配合されています。

これらの栄養素に対してなんらかのアレルギーがあれば、当然育毛サプリを摂取するとアレルギー反応が起こります。

ただ食品のアレルギーが出て体に合わない場合でも、返金保証がある育毛サプリを選べば返品できるので安心です。

返金保証がある育毛サプリの詳細はこちらで確認できます。

さらに飲みすぎた場合にも、亜鉛のように体調に変化がある栄養素もあります。

育毛サプリには副作用はありませんが、飲みすぎと食品アレルギーには注意が必要です。

 

育毛サプリの髪を作る栄養素にアレルギーや飲み過ぎによる体調不良の副作用

育毛サプリは髪の毛を作る栄養素が配合されていますが、その栄養素に飲み過ぎによる体調の変化や食品アレルギーがおこる場合もあります。

育毛サプリに配合されている主な栄養素と、飲み過ぎやアレルギー反応による体調の変化を紹介します。

 

育毛サプリの亜鉛の過剰摂取は体調に変化がおこる副作用

育毛サプリの亜鉛の過剰摂取は、体調に変化が起こる副作用がでる可能性があります。

というのも、亜鉛は過剰摂取すると、体調に変化がでたという症例が報告されているからです。

亜鉛を摂取しすぎると、銅欠乏症による貧血や胃の不快感などの症状がでます。
亜鉛自体の毒性は極めて低いと考えられるが、多量の亜鉛の継続的摂取は、銅の吸収阻害による 銅欠乏、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)活性の低下 82)、貧血 83)、汎血球減少 83)、胃の不 ─299─ 快感 84)などを起こす。

引用:日本人の食事摂取基準(2015 年版)

亜鉛の摂取上限量は40mgとされていて、それ以上の摂取は軽い体調不良がおこる可能性があります。

厚生労働省食品基準2015

引用:日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要

どれくらいが過剰摂取になるかというと、例えばイクオスサプリEXは1日3粒分に12mgの亜鉛が配合されています。

イクオスサプリの過剰摂取は、1日3粒に12mgですので、約3日分の10粒飲むと40mgとなります。

食品からも1日多少は亜鉛をとっているので、イクオスサプリの約3日分の10錠を一気に飲むと過剰摂取ということになります。

3錠が目安の育毛サプリは、目安として10錠以上飲むと軽い副作用が出ます。

亜鉛の配合されている育毛サプリは、過剰摂取を避けて1日の目安の容量を守りましょう。

 

育毛サプリのノコギリヤシの副作用は特になりが注意点はある

育毛サプリに配合されているノコギリヤシには、副作用はないですが、注意点はあります。

医療基盤・健康・栄養研究所の報告によると、ノコギリヤシは容量を守っている限り副作用は特に認められていないです。

ただ、のみすぎるとやはり胃に不快感や下痢などの症状が現れます。

ノコギリヤシ抽出物による副作用としては、まれに胃腸症状(腹 痛、下痢、便秘、吐き気)、頭痛、鼻炎などが認められています (1,3,5,6)。しかし、現 時点では適正な用量の投与では健康への危害はほとんど生じていな いようです。

ただ、ノコギリヤシ の注意点は、女性ホルモンの働きをするエストロゲンの働きを阻害することです。

女性ホルモンは女性にとっては大切なホルモンで、妊娠中や授乳期の摂取は控えるべきです。

さらに更年期障害のホルモン治療をしている方も、ノコギリヤシ の摂取は控えることが無難です。

一方、ノコギリヤ シは抗男性ホルモン作用および抗エストロゲン作用を示すので、妊 娠中や授乳期の摂取は安全性に問題があると考えられます。また、 α作用薬やホルモン療法に影響を与える可能性があるため、これら 医薬品を服用している患者は医師と相談し、必要に応じて定期診断 を受けることも考慮すべきです。

引用:http://www.nibiohn.go.jp/eiken/hn/modules/pico/index.phpcontent_id=284&page=print.html

ノコギリヤシは基本的には副作用はありませんが、飲み過ぎには注意が必要です。

さらに更年期の女性や授乳中や妊娠中の女性は、ノコギリヤシの入った育毛サプリの摂取は控えましょう。

 

育毛サプリの大豆イソフラボンの副作用や飲み過ぎの注意点

育毛サプリの大豆イソフラボンには目立った副作用はありませんが、飲み過ぎには注意が必要です。

食品安全委員会によると、1日に必要で安全なイソフラボンの摂取量は、約70~75mgです。

ヒト臨床研究に基づく現時点における安全な上 限摂取目安量としての大豆イソフラボンの一日摂取目安量 75 ㎎/日から考察して、今 回の健康影響評価においては、大豆イソフラボンの安全な一日摂取目安量の上限値を 70~75 ㎎/日とする。

普通に生活をしていると約30mg〜50mg程度の大豆イソフラボンは、味噌汁や納豆などで摂取しています。

ですのでサプリメントで摂取してよい摂取量は、1日30mgとされています。

閉経後女性及び男性については、閉経前女性と異なり内分泌機能への影響を示す報 告等がないが、6.1.2 において考察したとおり、閉経後女性の感受性が閉経前女性に 比べて低くはないこと、男性の感受性が大きく女性と異なる必然性が見出されないこ とから、閉経前女性の上乗せ量を外挿することとし、30 ㎎/日とする。

男性の場合、大豆イソフラボンも飲みすぎても直ちに健康被害がおこるということはありません。

しかし女性の場合、1日150mgのイソフラボンをとり続けた結果、子宮内膜症などの健康被害が高まる可能性が指摘されています。

閉経後女性を対象とした大豆イソフラボン錠剤(150㎎/日)の5年間長期摂取試験96) において、摂取群は対照群に比し、30 ヶ月(2 年 6 ヶ月)の時点では、子宮内膜増殖症 は認められていないが、60 ヶ月(5 年間)の時点では、子宮内膜増殖症の発症が有意に 高かった。

引用:食品安全委員会 『大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の 安全性評価の基本的な考え方』2006年5月より

ただ、タイズイソフラボンは個々人によって吸収率が違うため、とりすぎても吸収されない可能性もあります。

大豆イソフラボンの飲みすぎた時の副作用に関しては、女性は気を使う必要がありますが、男性の場合はそれほど気にしなくてもよいでしょう。

 

育毛サプリは副作用がないがAGA治療薬は副作用だらけなので注意

育毛サプリは副作用はありませんが、AGAの治療薬は医療品のため、副作用がとても強く出ることがあります。

よく「育毛サプリは副作用がでる」という噂があります。

しかし、そういう噂はほとんど薬=育毛サプリとごちゃ混ぜになっています。

育毛サプリはAGAの治療薬とは違います。

育毛サプリは食品なので副作用はありませんが、AGA治療薬はばっちり副作用が報告されているので注意が必要です。

AGA治療薬の恐ろしい副作用を紹介します。

 

AGA治療薬飲み薬の副作用はEDや肝臓疾患や過呼吸

AGA治療薬の飲み薬には、EDや肝臓疾患や過呼吸や性よく減退などの副作用が報告されています。

「育毛サプリを飲むとEDになる」といううわさは、AGA治療薬がEDの副作用があることからくる噂です。

AGA治療薬は強い副作用がありますので、服用する際にはクリニックの指示にしっかりと従いましょう。

 

AGA治療薬の副作用がある成分はミノキシジルやフィナステリド

AGAの副作用がある治療薬は、ミノキシジルやフィナステリドという成分です。

ミノキシジルの飲む育毛剤(発毛剤)は日本では販売が許可されていません。

フィナステリドはプロペシアという商品名ではんばいされていて、クリニックで処方してもらえます。

ただ、フィナステリドはEDや肝臓疾患の副作用がでるので注意が必要です。

さらにフィナステリドは妊娠中の女性が触っただけでも子供に影響がでます。

男の子を妊娠している女性の体内にプロペシアの有効成分が入ると、それが口から入った場合であっても、皮膚に付着して吸収された場合であっても、男の子の生殖器に異常を起こすおそれがあります。妊娠中の女性がプロペシアの有効成分に触れてしまった時には、医師に相談して下さい。

厚生労働省『プロペシア(PROPECIA)(男性型脱毛症用薬)に関する注意喚起について』

AGAの治療薬は副作用がとても強く、超危険な薬なので取り扱いには注意が必要です。

2018年おすすめの育毛剤のランキング

 
 

おすすめの育毛剤ランキング

育毛剤イクオスを徹底解説
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ