【育毛剤の副作用】男性の妊娠(男性不妊)に与える飲む育毛剤の影響は?

育毛剤は妊娠への影響がある育毛剤と、妊娠への影響が全くない育毛剤があります。

もし今妊活中で、かつ薄毛や抜け毛に悩んでいるのであれば、妊娠への影響のない天然成分の育毛剤を使いましょう。

天然成分を使った育毛剤なら、男性側の妊娠力にまったく影響を与えることがありません。

育毛剤の妊娠への影響と、妊娠へ全く影響しない育毛剤を紹介します。

 

【育毛剤の男性の妊娠】副作用の影響が全くない育毛剤を使う

妊娠は女性だけではなく、男性側に原因がある場合があります。

精子の活動が弱かったり男性機能が衰えていたりすると妊娠に至ることが難しくなります。

育毛剤の成分には、男性の妊娠させる力を衰えさせる成分があります。

育毛剤を使って薄毛のケアをするときは、妊娠に影響のない育毛剤をつかいましょう。

男性の生殖力に影響を与える成分を使っていない副作用のない育毛剤なら、妊娠への影響を気にすることなく薄毛のケアができます。

男性の生殖力を下げる育毛剤を避け、妊娠への影響がない育毛剤を使いましょう。

 

育毛剤の副作用で妊娠ができなくなる危険はあるのか

「育毛剤で子供が作れなくなる?」

「育毛剤は胎児や赤ちゃんに危険?」

育毛剤の副作用には、妊娠への影響が出るものや妊婦に影響がでるもの、また胎児へ影響があるものもあります。

しかし無添加の育毛剤は、妊娠への影響がまったくありません。

強い成分が入っていない無添加の育毛剤を使えば、妊活中に子供が作れなくなったりすることはありません。

また、妊娠してからも胎児や赤ちゃんに影響が出ることはありません。

ただ、強い成分を使っている育毛剤の中には、子供が作れなくなったり、胎児へ影響が出るものもあります。

妊娠の影響や子供への影響を考えて育毛剤をつかうなら、植物などから抽出された天然成分のみを使用している育毛剤をつかいましょう。

無添加育毛剤なら、妊娠への影響を気にすることなく安心して育毛対策ができます。

妊活中でも妊娠への影響を気にすることなく薄毛のケアができる育毛剤はこちら

 

妊活中の男性に与える育毛剤の影響

育毛剤のなかには、精子の量を減らすものの他に、性欲を減退させたり勃起機能を低下
(いわゆるED)させたりするものがあります。

育毛剤の副作用によって性欲が減反したり勃起機能が低下すると、妊活にも支障がでます。

勃起機能を低下させたり性欲を減退させたりする育毛剤には、副作用が強く出る成分が含まれています。

妊活中の男性は、副作用の強く出る成分が入った育毛剤を避けましょう。

 

リアップは妊活している男性が使っても影響がない

発毛剤のリアップは妊活している男性が使用しても問題がありません。

よくある誤解にリアップを妊活中に使ってはいけないというものがあります。

それは、ほかの育毛剤と混合して噂が流れてしまっているために起こる誤解です。

発毛剤のリアップは性欲が減退したり勃起不全になる副作用は確認されていません。

大正製薬の資料によると、3072件の使用例のうち、次のような副作用が現れたとまとめています。

平成21年6月1日から調査を開始し、平成25年2月22日までに518の薬局・販売 店において3,072例(うち6ヵ月以上の使用例2,006例、1年以上の使用例1,544例、65歳以上 の使用例148例を含む)を収集した。

特別調査において報告された副作用の発現状況は別紙(2) 表1及び別紙(3)表1に 示すとおりで、副作用発現症例は3,072例中271例(8.82%)、378件であった。 378件の内訳は、「適用部位そう痒感」123件、「適用部位発疹」43件、「頭部粃糠疹」 33
件、「接触性皮膚炎」32件、「適用部位紅斑」31件、「適用部位刺激感」13件、「頭痛」 10件、「浮動性めまい」「動悸」「適用部位乾燥」「血圧上昇」が各6件、「適用部位疼痛」 「適用部位熱感」「適用部位腫脹」が各4件、「末梢性浮腫」「適用部位分泌物」「心拍数 増加」が各3件、「眼痛」「耳鳴」「発疹」「裂毛」「蕁麻疹」「皮膚のつっぱり感」「適 用部位炎症」「適用部位発汗」「適用部位変色」「適用部位びらん」「適用部位痂皮」が 各2件、「不眠症」「体位性めまい」「感覚鈍麻」「睡眠の質低下」「眼瞼炎」「眼充血」 「霧視」「心不全」「ほてり」「腹痛」「上腹部痛」「紅斑」「毛髪変色」「毛髪障害」 「多毛症」「そう痒症」「脂漏性皮膚炎」「夜間頻尿」「適用部位浮腫」「胸痛」「浮腫」 「適用部位異常感覚」「適用部位皮膚剥脱」「アラニンアミノトランスフェラーゼ増加」 「眼圧上昇」「血中アルカリホスファターゼ増加」が各1件であった。

引用:http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000023431_1.pdf

リアップを使用した人のうち、勃起不全(ED)や性欲減退などの副作用を訴えた人はいません。

リアップの主成分はミノキシジルという成分ですが、以上の結果をみてみるとミノキシジルが不妊の原因になることはありません。

そして資料からわかることは、リアップが男性不妊の原因になるということはないです。

よって、リアップが子作りに与える影響はないと言えます。
ただ、上の副作用の結果を見てもらうとわかるように、かなり多くの副作用がでていることが明らかです。

発毛剤のリアップは妊娠への影響はありませんが、皮膚炎や体調不良といった副作用がでるので使用するのは避けましょう。

 

【危険な育毛剤】育毛剤のプロペシアは妊活しているときは使用を控える

育毛剤のプロペシアは妊活しているときは避けましょう。

育毛剤のプロペシアは精子に影響を与えたり、勃起力を弱めたりして生殖力を弱めます。

育毛剤のプロペシアはAGAの治療薬で錠剤の飲み薬です。

プロペシアはアメリカの会社が開発して日本でも2005年から販売許可がおりて発売されています。

プロペシアは医療品のため医者の処方がなければ手にいれることができません。

プロペシアはフィナステリドという副作用が強く出る成分を配合しています。

プロペシアに配合されているフィナステリドという成分が、妊活中の男性に非常に大きな影響を与えます。

子供を作るために妊活をしているのであれば、フィナステリドを配合しているプロペシアは避けましょう。

 

【危険な育毛剤】フィナステリドの副作用は男性不妊の原因になる

危険な育毛剤を使うと、男性機能障害がおこり男性不妊の原因になるリスクがあります。

さらに危険な育毛剤を使うと、肝機能障害や不整脈などが起こるリスクがあります。

危険な育毛剤は飲み薬のフィナステリドとデュステリド、そしてミノキシジルがあります。

また、頭皮に塗る育毛剤のリアップなどに使われているミノキシジルも危険な成分です。

危険な育毛剤は医療品に指定されているので、医師の処方や薬剤師の相談なしに使うことができません。

危険な育毛剤は副作用が強すぎるので、体に負担がなく薄毛のケアをしたいなら使ってはいけません。

まして妊活中には絶対に医療品の育毛剤は使うべきではありません。

医療品の育毛剤の男性不妊や不整脈などの副作用を紹介します。

 

「フィナステリド」副作用の強い育毛剤の成分の男性不妊への影響

フィナステリドの副作用は男性不妊の原因になります。

フィナステリドの副作用として、男性不妊症や精子形態の異常など、男性不妊の原因になる生殖機能に重大な影響を与えることがあります。

フィナステリドの副作用が軽い場合でも睾丸の痛みや、精子の量の現象と性欲減退と勃起不全など、妊娠に重大な影響を与える副作用があります。

引用:http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/170050_249900XF1021_2_08.pdf

フィナステリドを配合している育毛剤の飲み薬は、男性の生殖機能に重大な影響を及ぼします。

男性の生殖機能に障害が起きることによって、男性側から起こる不妊の原因になります。

子作りのために活動している妊活中の方は、フィナステリドを配合している育毛剤は避けましょう。

妊活中の男性はフィナステリドが配合されていない無添加の育毛剤を使用して薄毛と抜け毛のケアをしましょう。

 

育毛剤による不妊の治療は育毛剤使用を停止することでできる。

フィナステリドの育毛剤で男性機能障害が起こり始めた場合は、使用を中止して副作用が消えることがあります。

フィナステリドは3ヶ月間使用を中止することで、性欲の減退といった副作用はなくなります。

フィナステリドを使うと精子が老化すると言われます。

精子が老化するとは、精子の動きが弱くなり、受精しにくくなることを言います。

フィナステリドの使用を中止することで精子の状態がよくなり、妊娠力も上がります。

フィナステリドが原因で性欲が減退しているなと感じている場合は、速やかにフィナステリドが配合された育毛剤の使用を中止しましょう。

ただ、不妊につながる副作用を起こさないためにも、フィナステリドは妊活中は最初から避けるのが無難です。

 

ポストフィナステリド症候群という育毛剤の副作用がある。

ポストフィナステリド症候群とは、フィナステリドが配合された育毛剤の治療を中止しても、副作用が残ることを言います。

フィナステリドの副作用は使用を中止すると治ることが多いですが、まれに副作用がのこります。

そういった場合は速やかに医師に診てもらうことをおすすめします。

ポストフィナステリド症候群という副作用をおこさないためにも、最初からフィナステリド入りの育毛剤を使用するのは避けましょう。

育毛剤で薄毛をケアするなら、男性不妊のような副作用がおこらない育毛剤を使用しましょう。

フィナステリドのような強い性βんが無添加で、天然成分のみでできている育毛剤なら男性不妊のような副作用がおこりません。

男性不妊を気にせずに薄毛のケアをしたいのであれば、天然成分でできた育毛剤で頭髪のケアをしましょう。

2018年おすすめの育毛剤のランキング

 
 

おすすめの育毛剤ランキング

育毛剤イクオスを徹底解説
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ