【抜け毛予防におすすめの育毛剤】ハゲ予防・対策効果が高い育毛剤3選

抜け毛予防におすすめの育毛剤
抜け毛を予防する、おすすめの育毛剤を紹介します。

育毛剤は抜け毛の予防効果がありますが、どの育毛剤も抜け毛に効くというわけではありません。

髪の毛が抜けるのには原因があります。

育毛剤を使って髪の毛が抜ける原因にアプローチして解決してしまえば、抜け毛を予防することができます。

抜け毛はどのように起こるのかを紹介しながら、抜け毛の予防に一番効果がある育毛剤を厳選して紹介します。

おすすめの育毛剤はこちら

 

【抜け毛予防におすすめ育毛剤ランキング】薄毛対策の育毛剤3選

抜け毛予防におすすめの育毛剤ランキングを発表します。

ランキングは次の基準で選びました。

抜け毛予防成分が豊富に配合されていること

✅天然成分が抜け毛予防の効果があり、安全であること

無理なく使い続けられるくらい安いこと

の3つの基準で選びました。

 

第一位:イクオス

抜け毛予防におすすめの育毛剤ランキングの第一位は、イクオスです。

イクオスは、抜け毛の原因となる物質の働きを抑える成分が潤沢に配合されています。

さらに頭皮環境を整える成分が配合されていので、血行の滞りや皮脂過剰をケアします。

頭皮環境も抜け毛の原因となるので、頭皮環境を改善する育毛剤は貴重です。

さらに抜け毛を予防する成分は天然成分なので、危険な副作用もおこりません。

口コミでの評価もたかく、イクオスの効果を実感している人がたくさんいます。

枕元やデスク周りに抜け毛が増えてきて焦っているのであれば、イクオスがおすすめです。

イクオスの公式サイトで詳細をみる

 

第二位:チャップアップ

チャップアップ1

チャップアップも抜け毛予防にオススメの育毛剤です。

チャップアップは売れている人気の育毛剤で、口コミでの評価も高いです。

チャップアップも抜け毛予防の成分が豊富に配合されているため、効果も高いです。

全額返金保証が永久保証されているので、いつでも全額返金してもらうことができます。

返金保証は商品に自身がなければできないですし、チャップアップはその実力を持っています。

チャップアップは抜け毛予防におすすめの育毛剤です。

チャップアップの詳細はこちら

 

第三位:ブブカゼロ

ブブカゼロ

抜け毛予防におすすめの育毛剤第三位はブブカゼロです。

ブブカは2018年にリニューアルして、最新の薄毛事情に寄り添う形でアップデートしました。

ブブカゼロも抜け毛予防の成分を豊富に配合していて、口コミでの評価も高いです。

値段的にはイクオスやチャップアップに劣りますが、抜け毛予防にとても期待ができる育毛剤です。

ブブカゼロの詳細はこちら

 

抜け毛の予防に一番オススメの育毛剤はイクオス

イクオスのヘッダー

抜け毛を予防して薄毛・ハゲの恐怖から解放してくれるおすすめの育毛剤が、イクオスです。

イクオスは千葉頭皮環境研究会のデータによれば、3ヶ月以内に78%以上の方が効果を実感しています。

さらに使用した方の97.5%が満足しているという驚異的なデータがあります。

その理由として、イクオスはアルガス2という独自に開発した成分を配合しているためです。

アルガス2は昆布などの海藻のもつ育毛パワーを抽出し、さらに改良して配合しています。

アルガス2の育毛パワーは、他の育毛剤を凌駕しています。

さらに保湿効果、血行促進効果、頭皮の老化を防止する効果があるので、死角がない薄毛対策ができます。

スプレータイプでとても使いやすく、直接頭皮にノズルをつけないので清潔に使うことができます。

返金保証も45日あり、肌に合わなければいつでも返金してもらえるので安心して使えます。

抜け毛が気になるのであれば、イクオスで予防対策をすることをおすすめします。

イクオスの公式での詳細はこちら

 

【育毛剤の抜け毛予防効果】脱毛の原因から抜け毛をおさえる

育毛剤の効果は抜け毛を予防することです。

育毛剤を使うことによって、抜け毛の原因となる物質の働きを抑えることができます。

育毛剤には抜け毛を予防する天然成分が配合されています。

抜け毛の原因となる物質に効果的に作用する育毛剤の天然成分を紹介します。

 

【育毛剤の抜け毛予防効果】DHT(ジビドロテストステロン)抑制効果で脱毛を予防

「枕の抜け毛が半端ない」

「引っ張ると必ず5、6本は抜ける」

どんどん髪の毛が抜けていくので、このまま行くと薄毛になってハゲ上がってしまうのではないかという心配に苛まれました。

しかし抜け毛に効果のある育毛剤を使えば、抜け毛の悩みを解決できます。

抜け毛の原因はDHT(ジビドロテストステロン)ですが、育毛剤にはDHTの働きを抑制する成分が配合されています。

抜け毛の原因となる物質に、DHT(ジビドロテストステロン)という物質があります。

DHT(ジビドロテストステロン)は悪玉の男性ホルモンでのことで、DHT(ジビドロテストステロン)の働きが原因で抜け毛が起こります。

男性ホルモンのDHT(ジビドロテストステロン)は人間が母親の胎内にいるときに、男性機能を発達させるための男性ホルモンとして存在します。

DHT(ジビドロテストステロン)は人間が胎内にいるときは重要な働きをもちますが、生まれたあとは薄毛をもたらす原因になります。

悪玉男性ホルモンのDHT(ジビドロテストステロン)は「脱毛の指令を出す物質」の働きを活発にします。

「脱毛の指令を出す物質」の働きが活発になると、髪の毛を脱毛に至らせます。

この悪玉男性ホルモンのDHT(ジビドロテストステロン)の量を増やさなければ、髪の毛は脱毛にいたりません。

悪玉男性ホルモンのDHT(ジビドロテストステロン)の働きと生成をおさえることができるのが、育毛剤なのです。

 

育毛剤のDHTを抑制する効果のある成分はヒオウギエキス

育毛剤のDHT(ジビドロテストステロン)を抑制する天然成分はヒオウギエキスという成分です。

ヒオウギエキスは檜扇(ヒオウギ)と呼ばれる植物の根から抽出されたエキスです。

ヒオウギエキスはイソフラボンを豊富に含んでいます。

イソフラボンは大豆イソフラボンが最近有名になりましたが、女性ホルモンに似た働きをします。

イソフラボンは男性ホルモンと女性ホルモンのホルモンバランスを整える働きをします。

イソフラボンは5aリダクターゼの働きをブロックします。

5aリダクターゼの働きがブロックされると、DHT(ジビドロテストステロン)という脱毛の原因となるホルモンが生成されません。

DHT(ジビドロテストステロン)という脱毛の原因となるホルモンが生成されなければ、DHT(ジビドロテストステロン)の威力が弱まります。

DHT(ジビドロテストステロン)の威力が弱まれば、脱毛がおこらず抜け毛が減ります。

ヒオウギエキスはDHT(ジビドロテストステロン)の働きを抑制するので、抜け毛の予防に非常に効果的な天然成分です。

抜け毛に悩んでいるのであれば、天然成分のヒオウギエキス配合の育毛剤を使って抜け毛の予防をしましょう。

 

【育毛剤の抜け毛予防効果】5aリダクターゼ抑制効果で抜け毛を予防する

育毛剤はDHT(ジビドロテストステロン)の働きと生成を抑えることができます。

DHT(ジビドロテストステロン)は、5aリダクターゼという脱毛酵素がテストステロンという男性ホルモンと結合してできます。

悪玉男性ホルモンのDHT(ジビドロテストステロン)は、男性ホルモンのテストステロンが変化したものです。

テストステロンはそれ自体身体に必要な男性ホルモンです。

テストステロンは社会性ホルモンと言われる男性ホルモンで、競争本能を高めて人間の意欲的な働きをサポートします。

またテストステロンは集中力を高めたり筋肉の増強を促したりします。

テストステロンは生きていくのに必要な男性ホルモンですが、5aリダクターゼという脱毛酵素と結びつくことがあります。

5aリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結びつくことによってDHT(ジビドロテストステロン)に変化します。

5aリダクターゼは体の中に常に存在しているのですが、ストレスを感じると働きが活発になります。

5aリダクターゼの働きが活発になればなるほど、男性ホルモンのテストステロンと結びつきます。

5aリダクターゼの働きが活発になればなるほど、DHT(ジビドロテストステロン)を多く作り出します。

5aリダクターゼを抑えることがDHT(ジビドロテストステロン)の生成が抑えられます。

DHT(ジビドロテストステロン)の生成が抑えられ、脱毛の働きを抑えれば抜け毛の予防になります。

DHT(ジビドロテストステロン)を抑えることができるのが、育毛剤の天然有効成分です。

育毛剤を使うことによって、5aリダクターゼの働きを抑えられます。

育毛剤によって5aリダクターゼの働きをおさえられれば、DHT(ジビドロテストステロン)が生成されるのを抑えることができます。

育毛剤はDHT(ジビドロテストステロン)が生成されるのを抑えて、抜け毛を予防することができます。

ですので育毛剤は5aリダクターゼの働きを抑制する効果のある育毛剤を選びましょう。

5aリダクターゼの働きを抑える効果のある成分を配合している育毛剤を選べば、5aリダクターゼの働きがおさえられ、抜け毛が予防できるのです。

 

育毛剤の脱毛酵素5aリダクターゼを抑制する効果のある成分はヒオウギエキス

ヒオウギエキスに含まれているイソフラボンは、5aリダクターゼという脱毛酵素の働きを抑える作用があります。

5aリダクターゼという脱毛酵素は善玉の男性ホルモンのテストステロンと結びつき、DHT(ジビドロテストステロン)を生成します。

5aリダクターゼの働きによって生成されたDHT(ジビドロテストステロン)が脱毛の指令を出して抜け毛を引き起こします。

しかしヒオウギエキスの働きによって5aリダクターゼの働きをおさえることができます。

5aリダクターゼという脱毛酵素の働きが抑えられると、DHT(ジビドロテストステロン)という脱毛ホルモンの働きが抑えられます。

ヒオウギエキスの効果は5aリダクターゼの働きを抑えます。

ヒオウギエキスの5aリダクターゼ抑制効果で、DHT(ジビドロテストステロン)も生成されにくくなり働きも抑えられます。

DHT(ジビドロテストステロン)の働きががヒオウギエキスの効果で抑制されると、抜け毛を予防することができます。

これがヒオウギエキスの5aリダクターゼの働きを抑えてDHT(ジビドロテストステロン)の生成を抑えて抜け毛を予防する効果です。

抜け毛予防には、5aリダクターゼの働きを抑制してとDHT(ジビドロテストステロン)の働きを抑える効果のある、ヒオウギエキスが配合された育毛剤を使いましょう。

 

育毛剤の脱毛因子FGF-5TGFβを抑制する効果のある成分はシナノエキス

育毛剤には脱毛因子という髪の毛に含まれている物質の働きを抑える効果があります。

育毛剤に含まれているシナノエキスという天然エキスが脱毛因子を抑える働きがあります。

髪の毛は脱毛因子(FGF-5TGFβ)と成長因子(FGF-5S,IGF-1)のバランスで成長したり抜け毛になります。

成長期は VEGF,IGF-1,HGF,KGF, FGF-5S のような細胞成長因子(あるいは細胞成長阻害因 子を抑制する因子)によってオートクライン,パラクライ ンに維持され,逆に FGF-5や thrombospondin,neurotrophine-3,TGFβなどが成長期終焉に導くと考えられる.

引用:https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/119/3/119_3_167/_pdf

成長因子の働きが強い時は髪の毛は成長し続けることができます。

髪の毛は2~6年ほど成長するとやがて脱毛因子の働きが活発になります。

脱毛因子の働きが活発化して成長因子の働きよりも強まると、やがて髪の毛は脱毛に向かいます。

髪の毛が成長して脱毛するまでのサイクル(ヘアサイクル)を決定づけるのはこの成長因子と脱毛因子です。

薄毛で抜け毛が多い人は、髪の毛が成長中の早い段階で髪の毛の成長因子よりも脱毛因子の働きが優位に働いてしまう人です。

脱毛因子の働きが強まると通常2〜6年成長するはずの髪の毛が、1年も持たないで抜けてしまいます。

これが抜け毛が多くなる原因であり、抜け毛が多くなって薄毛になる原因でもあります。

シナノエキスは脱毛因子の働きを抑えて、成長因子の働きを活発にする効果があります。

シナノエキスの効果によって成長因子の働きが活発になると、抜け毛が起こりにくくなるのです。

シナノエキス配合の育毛剤によって抜け毛を効果的に抑えることができます。

育毛剤を選ぶ時は、シナノエキスが配合されている育毛剤を選びましょう。

おすすめの育毛剤はこちら

 

【育毛剤で抜け毛の対策】生活習慣の乱れや頭皮環境もハゲの原因に

抜け毛の原因はDHT(ジビドロテストステロン)や脱毛酵素や脱毛因子だけではありません。

生活習慣の乱れや頭皮環境が悪化しても、抜け毛は引き起こされます。

ここでは生活習慣の乱れや頭皮環境の乱れが、髪の毛に与える悪い影響とその対策を紹介します。

 

生活習慣の乱れや頭皮環境の悪化も抜け毛を引き起こす

髪の毛は頭皮に生えており、毛細血管から栄養をもらって成長しています。

頭皮が生き生きと若々しく、血行もよければ髪の毛も生き生きとして生えています。

しかし、ストレスや生活習慣の乱れによって頭皮の環境が悪化すると、頭皮の血行がわるくなったり乾燥して肌が割れたり荒れたりします。

抜け毛を予防するためには、生活習慣を正して、保湿や血行促進をして頭皮環境もととのえることが大切です。

 

睡眠不足による血行不良も抜け毛の原因

頭皮の血行がわるくなったり乾燥したりすると、髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなります。

髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなると、やがて髪の毛はやせ細り最後には脱毛してしまいます。

頭皮環境はいわば髪の毛に栄養を与える畑のような場所です。

頭皮環境が悪化しているということは、頭髪を生やしている土壌が悪化していたり、栄養素がない不毛な状態ということになります。

不毛な畑には文字どおり髪の毛は生えず、生えている髪の毛は抜けやすくなります。

頭皮環境を整えることも抜け毛を減らす重要なポイントになります。

頭皮環境を整えて抜け毛を予防することができるのは育毛剤です。

頭皮環境を整える育毛剤で抜け毛を予防しましょう。

 

頭皮の乾燥による皮脂過剰も抜け毛の原因

頭皮の感想によって、皮脂が過剰に分泌され、抜け毛の原因になります。

頭皮が感想すると、頭皮が菌や紫外線などの外からの刺激から頭皮を守ろうとして、皮脂を余分に出します。

皮脂を余分にだすと、頭皮がべとべとになり、頭皮に脂がたまります。

頭皮に余分な脂がたまると、毛穴に脂が詰まって血行が悪くなります。

毛穴に脂が詰まって固まり、血行が悪くなることこそ抜け毛の原因になります。

乾燥を防ぐには、育毛剤で保湿して乾燥をふせぎましょう。

 

男性の薄毛の種類:脱毛状態から育毛剤をチョイスする

薄毛の種類にも様々あり、育毛剤の効果が発揮できるものと発揮できないものがあります。

育毛剤が効果を発揮できる薄毛は、脱毛が現在進行中の薄毛です。

生え際や後頭部の薄毛が進行してきたなと感じたら、育毛剤を使い始めるタイミングになります。

また、頭皮の色が悪かったり頭皮が硬くつっぱっていたりと、頭皮環境が悪化していてるために起こる薄毛にも効果を発揮します。

育毛剤が頭皮の環境を整えることによって抜け毛を減らすことができ、薄毛の対策になります。

育毛剤が効果を発揮しにくい薄毛もあります。

それは薄毛というよりも完全に禿げ上がっているような脱毛状態だと、育毛剤の効果が発揮しにくいです。

頭皮が完全に禿げ上がっている場合は育毛剤をつかうよりも病院やクリニックにいきましょう。

ただ、完全にハゲ上がっていない薄毛であれば育毛剤は効果を発揮できます。

野菜不足や睡眠不足で生活習慣が乱れていたり、過度にストレスを抱えて抜け毛が増えてきたなと感じたら、迷わず天然成分配合の育毛剤を使って薄毛のケアをしましょう。

 

抜け毛予防に育毛剤の血行促進効果

抜け毛予防には、育毛剤の血行促進効果がとても有効です。

育毛剤には頭皮の毛細血管の血行を促進する作用があり、頭皮の血行をよくします。

頭皮の血管が促進されれば、髪の毛に栄養が補給され、抜けにくい髪の毛になります。

 

抜け毛予防に育毛剤の保湿効果

抜け毛予防には、育毛剤で保湿をすることもとても有効です。

頭皮は乾燥していると、頭皮がひび割れたり、皮脂が過剰に分泌したりして、抜け毛の原因になります。

育毛剤の保湿効果で頭皮の乾燥を防げば、感想による抜け毛を予防することができます。

 

抜け毛・白髪予防に育毛剤の毛母細胞活性化効果で

育毛剤には毛母細胞を活性化させる効果があり、抜け毛予防にとても良いです。

毛母細胞とは髪の毛の毛根の細胞であり、毛根の細胞分裂によって髪の毛が生えます。

育毛剤には毛根の毛母細胞の細胞分裂を活発にする効果があります。

育毛剤の毛母細胞活性化効果で、白髪の予防や抜け毛の予防ができます。

関連ページ:おすすめの安い育毛剤はこちらで紹介しています。

 

【育毛剤で若ハゲ予防】20代でも早くない薄毛・抜け毛予防

若ハゲの予防には、育毛剤で対策することが一番近道の対策になります。

食事や睡眠が乱れがちな若い時ほど、髪の毛のケアをしておくと後々の薄毛具合が変わります。

ここでは若ハゲや薄毛の予防のために、20代のうちからしておくべき薄毛・抜け毛予防対策を紹介します。

 

早め早めの抜け毛対策と育毛剤で将来の髪を守ろう

若ハゲを予防するためには、育毛剤で早め早めの抜け毛対策が必要です。

食生活がみだれていたり、ストレスをかかえていて抜け毛が目立ってきたのであれば、今すぐにでも育毛剤を使いましょう。

若ハゲの前兆は放っておくと、ついにはハゲが進み薄毛になります。

薄毛になってしまう前に、育毛剤で対策をすることがとても大切なのです。

 

育毛剤と同時に生活習慣の改善(食生活や睡眠の改善)は特に大切

若ハゲが気になり始めたら、育毛剤で対策するのと同時に睡眠や食生活などの生活習慣の改善は特に大切です。

育毛剤も若ハゲ予防に効果を発揮しますが、若ハゲの根本となる生活習慣の乱れも直すことが大切です。

育毛剤と生活習慣の改善で、効果的に抜け毛を予防して若ハゲを予防しましょう。

 

サクセスや育毛シャンプーだけでは若ハゲ防止にならない

サクセスや育毛シャンプーだけでは、若ハゲ防止にはなりません。

サクセスや育毛シャンプーは、あくまで頭皮を綺麗にするためのものです。

頭皮を綺麗にしただけでは、若ハゲ予防の育毛効果は期待できません。

ただ、育毛シャンプーで頭皮を綺麗にして、育毛剤を浸透させる環境を整えることは大切です。

育毛シャンプーと育毛剤を効果的に併用して、抜け毛や若ハゲを予防しましょう。

関連ページ:若ハゲにおすすめの育毛剤はこちら

おすすめの育毛剤はこちら

2018年おすすめの育毛剤のランキング

 
 

おすすめの育毛剤ランキング

育毛剤イクオスを徹底解説
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ