【育毛剤と発毛剤の違いとは?】AGAの薄毛に一番効く人気育毛剤の選び方

目次

[育毛剤と発毛剤の効果の違い]育毛効果が実感できるのは育毛剤だけ!

「このまま薄毛になるのは絶対にいやだ。」

「最近、頭髪への人の目がかなり気になる。」

薄毛が気になり、人の目が気になるくらい地肌が目立ち始めていませんか?

薄毛は年齢とともに進行し、完全なハゲになる前に予防しなければ、髪の毛はどんどんと抜けて行き、薄毛が進行して手遅れになります。

でも髪がある今の状態で、正しい育毛剤で適切な処置を行えば薄毛の進行を抑えることができます。

薄毛の進行を抑えるためには、正しい頭髪のケアをすることがすごく重要です。

育毛剤や発毛剤は実に様々な商品があり、どれを使えば最適な薄毛のケアができるのか迷います。

たとえば頭皮にいつも皮脂がべっとりとしていて、頭皮や頭髪が脂っぽい方は、発毛環境が整っているとはいえません。

ただ育毛剤と発毛剤はどちらが自分にあっているのか、そしてどう違うのかさえいまいちわからないですよね。

ネットの記事を読んでいると、とりあえず発毛剤を使っていれば薄毛が解決されそうな印象を持つかもしれません。

でも実は発毛剤を使っても、まったく効果がでない方がたくさんいます。

その方たちはどのような方かというと、「頭皮環境の改善」をせずに、なんとなく発毛剤を使用している人たちです。

薄毛を改善するためには、まずは頭皮環境を整えることが最優先事項になります。

頭皮環境を整え発毛する環境が育ってこそ、発毛剤も意味があるものになります。

頭皮が赤くなっていたりニキビができていたり、頭皮に脂が多くて抜け毛が多いという方は、発毛剤と育毛剤で迷ったら当然のように育毛剤を選ぶべきです。

 

育毛剤の効果1・・血流の改善で抜け毛を予防

育毛剤で薄毛・抜け毛を改善-1

「頭皮が赤い」

「髪の毛が細くなってきた」

髪の毛の血流が悪くなると、頭皮が赤くなり髪の毛が先細くなります。

でも育毛剤をつかえば、血流が改善して細い髪の毛も太くコシがでます。

育毛剤の効果には、血流を改善して抜け毛を予防する効果があります。

本当に効果のある育毛剤には、頭皮の血流を改善する成分が配合されています。

頭皮の血流の改善は、髪の毛が栄養を補給する上でとても大切です。

育毛剤の効果のひとつに、頭皮の血流を改善する効果があります。

 

血行不良が薄毛や抜け毛の原因となる理由

頭皮の血の流れが悪くなると、栄養素をうまく髪の毛に運ぶことができず抜け毛原因となります。

栄養をしっかり吸収できない髪の毛は、やせ細りコシやハリがなくなり、ついには抜け落ちてしまいます。

ヘルメットを毎日装着したり、食生活の乱れから老廃物がたまると頭皮の血流が滞ります。

またタバコや寝不足などの生活習慣の乱れからも毛細血管が細くなります。

毛細血管が細くなると当然、頭皮の血の流れが悪くなります。

これが生活習慣やストレスが原因の、血行不良による抜け毛です。育毛剤の発毛環境を整える効果の一つに、血流の改善の効果があります。

 

育毛剤は血行を促進し抜け毛を抑制する効果がある

育毛剤を使うことで、細くなった毛細血管に作用して血の流れを良くします。

血流がよくなり、髪の毛一本一本にしっかりと栄養が届くようになり、強くてハリのある髪の毛が育ちます。

強くてハリのある髪の毛を育てることで、髪の毛全体のボリュームが増え、抜けにくい髪の毛になるのです。

 

育毛剤の効果2・・AGAにも効果的な成分を配合

育毛剤はAGAの原因因子直接作用!-2

「この薄毛って治らない?もしかしてAGA?」

AGAのような気がするが、クリニックにいくのは恥ずかしいな。」

AGAは恐ろしい脱毛症で、不治の病のように一生髪の毛が生えてこないように聞こえます。

AGAの症状が進行すると前髪とてっぺんはげ上がってしまって、もう髪の毛が生えないという認識をする人が多かったのです。

確かにAGAは進行性の脱毛症のため、放っておくとどんどんと薄毛が進行していきます。

でもそんな悩みをお持ちの方も安心、育毛剤の有効成分がAGAによる薄毛の原因にしっかり働きかけて発毛を促進します。

育毛剤は抜け毛の原因に働きかけて、弱った髪の毛を元気にし、AGAの悩みを解決してくれる画期的な成分である「アルガス2」を配合しています。

近年ではAGAや薄毛や抜け毛の研究も進んできて、ここ2、3年で育毛剤も非常に進歩を遂げました。

長年の育毛剤の研究の成果として、髪の毛を生き生きとさせて発毛を促進する新成分の「アルガス2」の発見がなされました。

育毛剤を使って発毛環境を整え、「アルガス2」の効果を十分に生かせば、薄毛も怖くない時代になったのです。

 

男性型脱毛症(AGA)が発生する理由

AGAは男性型の脱毛症という意味で、髪の毛が生えてから抜けるまでのサイクル(ヘアサイクル)が短くなることで起こります。

ヘアサイクルが短くなる理由として、頭皮環境の悪化で頭皮に十分な栄養がいかなくなることで髪の毛の成長が止まってしまうのです。

健康な髪の毛は普通、2〜5年の間成長し続けます。

しかし頭皮環境が整っていないと、生えてから1年も持たずに髪の毛が抜けてしまいます。

生えてから1年もしないで抜けてしまう短命な毛が多ければ多いいほど、薄毛の進行が早くなります。

そして生えてから1年以内で抜ける毛がどんどんと増えて、薄毛が進行している状態がAGAと呼ばれています。

 

育毛有効成分「アルガス2」入りの育毛剤がAGAにも効果的な理由

育毛剤の成分「アルガス2」がAGAの抑制にも効果が期待できる理由は、アルガス2の発毛促進力の強さがゆえんです。

アルガス2とは育毛業界に革命を起こし、毛根を育てる効果がある成分の「M-034」をさらに改良した有効成分で、神秘の海藻といわれる「ペルベチアカナリクラタ」を配合した、2016年にリニューアルしたイクオス独自のスカルプ成分です。

「アルガス2」の作用として、栄養が十分に供給されずに成長が止まっている髪の毛を、生き生きと再び成長を促す効果があります。

成長が止まってしまうと髪の毛は、あとは抜けてしまうのを待つのみですが、アルガス2はこの脱毛寸前の髪の毛を生き生きと育てる効果があります。

アルガス2は髪の毛の付け根の毛根にある、細胞分裂をして髪の毛を成長させる毛母細胞を活性化させます。

活性化した毛母細胞は再び細胞分裂をし始め、髪の毛が成長し始めます。

再び生気を得た脱毛寸前の髪の毛は、アルガス2から栄養と生きる力を得て再び成長し始めるのです。

これがアルガス2の持つ発毛促進効果で、この発毛促進力は発毛剤の強い成分に匹敵するとも言われています。

アルガス2の発見は育毛業界にとって、非常に画期的な発見です。

薄毛のケアにも画期的な育毛剤の有効成分アルガス2で、AGAの悩みを解決しましょう。

関連ページ:AGA対策におすすめの育毛剤ランキング!AGAの抜け毛に効く成分

 

育毛剤の効果3・・余分な皮脂のみを落とし、保湿する

育毛剤で余計な脂をシャットアウト!-2

「髪の毛全体が、夜には脂でべっとりとしている」

「髪の毛を掻くと、爪に白い塊がとれる」

髪の毛が全面的にべったりと脂で湿っているのは、頭皮の皮脂が過剰に分泌されているからです。

頭皮の皮脂が余分に出ている状態を放置していると、抜け毛の原因になります。

頭皮の皮脂が多い方は、実は頭皮が乾燥していることが原因で逆に脂っぽくなっているのです。

頭皮が乾燥すると乾燥した肌を紫外線のダメージやくしなどの刺激から頭皮を守ろうとして、皮脂が過剰に分泌されます。

でもそんな皮脂で髪の毛がぎとぎとな状態の人でも、育毛剤を使ってしっかりとケアすれば、頭皮の皮脂環境は改善できます。

育毛剤で保湿して頭皮環境を整えることとによって、1日の終わりの頭皮や髪の毛がべったりとした状態が改善されます。

 

頭皮の保湿効果が余分な皮脂の分泌を防ぐ理由

頭皮を保湿すると、よけいな皮脂が分泌されなくなります。

頭皮を保湿することによって、乾燥から頭皮を守り、皮脂過剰を抑えます。

頭皮が乾燥して皮脂が足りないと、頭皮は余分に皮脂を出し、紫外線やくしの刺激から地肌を守ろうとします。

頭皮の皮脂の分泌が多い方は、主に乾燥肌の方です。

夜に頭皮がべったりと湿っている方は、朝は乾燥肌特有のかゆみやふけが出ていることが多いです。

頭皮がカサカサと乾燥していると、紫外線のダメージやくしなどの刺激から頭皮を守ろうとして皮脂が余分に排出される原因になります。

特に男性の頭皮は、女性の頭皮の2倍も皮脂が分泌されています。過剰に分泌された皮脂は酸化したり汚れたりします。

汚れがついた皮脂はやがて固まり角質となり、毛穴をつまらせ髪の毛の育成を妨害するのです。

育毛剤の保湿効果でしっかりと頭皮を保湿してうるおせば、皮脂の分泌も抑えることができ、皮脂でべっとりとした夕方の髪の毛の状態を改善することができます。

 

頭皮の保湿効果が抜け毛を防ぐ理由

育毛剤の保湿効果は、頭皮の乾燥を抑えて頭皮環境を改善させて、頭皮の新陳代謝をあげるために抜け毛を抑えることができます。

育毛剤の保湿効果は頭皮の皮脂の状態を改善します。

頭皮が保湿されることによって、紫外線やくしの刺激といったダメージから頭皮を守ることができます。

ダメージが少なければ少ないほど頭皮環境は改善されます。

頭皮環境が改善された頭皮は新陳代謝が上手く行き始め、やがて毛髪に栄養が行き渡る環境に生まれ変わります。

これが育毛剤の保湿効果が抜け毛を抑制する理由です。

頭皮の乾燥が抜け毛の原因になる理由は、乾燥した肌が紫外線やストレス、くしなどの刺激といったダメージからのバリア機能を失っていることによります。

頭皮が乾燥すると頭皮がカサカサします。

カサカサしている頭皮は隙間ができやすく、その隙間から雑菌が入り込みやすくなります。雑菌が入り込むと炎症がおこります。

またカサカサしている肌は、栄養がうまく伝達しないために新陳代謝が正常に行われない原因になります。

新陳代謝が行われない頭皮に生えている髪の毛は、うまく成長することができずに抜けてしまいます。

これが乾燥した頭皮が原因の抜け毛です。

 

育毛剤の保湿効果で発毛環境が整う

育毛剤の「ペルべチアカナリクラタエキス」という成分の保湿効果は皮脂環境を整えてくれるので、発毛するために必要な頭皮環境=発毛環境が整います。

ペルベチアカナリクラタエキスは非常に強い保湿効果があります。

その理由として、このエキスが抽出される元となる「ペルベチアカナリクラタ」という海藻が過酷な環境で生き抜いているということが挙げられます。

ペルべチアカナリクラタは海藻ですが、水分が水しぶきのみという厳しい環境で生き延びてきたために保水力が増しました。

これがペルベチアカナリクラタのエキスが保湿力が高い理由です。

ペルベチアカナリクラタエキスが頭皮を保湿して、乾燥からの頭皮のダメージを減らすことによって、余分な皮脂の分泌を抑えます。

余計な皮脂の分泌が抑えられると、頭髪がべったりと皮脂で湿った状態になりにくくなります。

ペルべチアカナリクラタエキスの保湿効果で、肌がカサカサして乾燥した状態も改善します。

肌のカサカサが改善されることによって、髪の毛一本一本にしっかりと栄養が行き渡り、結果として抜け毛が抑えられるのです。

夕方になると頭皮が油でベトベトになる方や頭皮がカサカサしていてフケが多い方は、まずクはペルべチアカナリラタエキスの使われている保湿力の高い育毛剤で、頭皮環境をととのえましょう。

育毛剤で乾燥した頭皮をケアすることが発毛環境を整えるのです。

 

発毛剤の怖い副作用に注意!無添加育毛剤なら頭皮に優しく安心

無添加の育毛剤なら頭皮に優しく効果を発揮しますが、発毛剤は怖い副作用があるのでおすすめできません。

頭皮に余分な皮脂がでていて頭皮環境が乱れている方は、発毛剤を使っても効果がありません

またニキビがあったりかぶれていたり、頭皮が赤くなっている方は、頭皮環境が悪化しているので、発毛環境が整っているとは言えません。

ニキビができていたりかぶれていたり、頭皮が赤くなっている方は発毛剤を使っても薄毛は全く改善されません。

皮脂がいつも頭皮にべとべとして髪の毛までべとつく方、頭皮が赤くなっていたり炎症がある方は、まずは「育毛剤」を使うべきです。

育毛剤のすばらしい点は、頭皮環境を整えて発毛する環境を整える点にあります。

薄毛のケアや抜け毛の対策には、頭皮環境が一番大事です。

なぜなら髪の毛は発毛の環境となる「頭皮」から栄養をもらって生えているからです。

薄毛をケアしようと思うのであれば、まずは頭皮環境を整えることがとても大切です。

育毛剤は生活習慣の乱れやストレスからくる、頭皮環境の乱れを徹底的に改善します。

 

無添加育毛剤の効果1・・・・皮脂過剰の改善

「何回髪の毛を洗っても、3時間後にはもう頭がじとっと皮脂で湿っている。。」

「最近急激に髪の毛が細くなってきた。」

発毛剤の添加物の中には、頭皮環境を破壊して乾燥肌を招いたり、炎症を招くものもあります。

そして皮脂が固まってできる頭皮の角質は、毛穴を詰まらせて毛根を圧迫して、抜け毛の原因になります。

頭皮の皮脂環境を悪化した状態で放っておくと、間違いなく抜け毛の原因になります。

けど無添加育毛剤なら、頭皮の皮脂の量を調整して髪の毛が皮脂でベトベトにならないように頭皮環境を改善してくれます。

無添加育毛剤は頭皮の皮脂の量を調整するから、頭皮にちょうど良い皮脂量を保って最適な頭皮環境を保っていられるのです。

育毛剤を選ぶ時は、頭皮環境を悪化させる添加物が入っていない、無添加の育毛剤を選びましょう。

頭皮環境を守るという意味で、頭皮環境を悪化させる添加物を避けて、無添加の育毛剤を使用することはかなり重要です。

無添加育毛剤が余分な皮脂を取り除いてくれたり、保湿して乾燥肌を防いでくれてる理由は、無添加育毛剤に含まれている成分「オランダカラシエキス」の作用のためです。

 

無添加育毛剤のオランダカラシエキスが皮脂過剰を改善する

無添加の育毛剤には、「オランダカラシエキス」という成分が含まれています。

オランダカラシエキスには、皮脂の余分な分泌を防いでくれる抗漏脂作用があるので、頭皮が余分な皮脂を分泌するのをおさえてくれます。

オランダカラシエキスの抗漏脂作用によって余分な皮脂の分泌が抑えられ、頭皮の環境が清潔に保たれます。

育毛剤を選ぶならこのオランダカラシエキスが含まれている育毛剤を選びましょう。

無添加育毛剤に含まれているオランダカラシエキスという成分は、「オランダカラシ」という植物から抽出されるエキスです。

オランダカラシはフランス名で「クレソン」という名前で知られています。

クレソンはステーキ屋さんにいくと、ステーキの傍によくジャガイモと一緒に添えられている緑の葉っぱです。

クレソンはスーパーフードとしてその高い栄養価に注目されています。

アメリカ予防疾病予防管理センター(CDC)は、各野菜の栄養素を元に野菜の点数をつけましたが、クレソンは栄養価はなんと100点満点で栄養ランキングの第一位の野菜です。

そんなスーパーフードのクレソンから抽出されるオランダカラシエキスは、頭皮の皮脂環境に対して非常に有効に作用します。

またオランダカラシエキスには、抗酸化作用があります。

オランダカラシエキスの抗酸化作用によって皮脂が酸化するのを防ぎ、酸化して固まって角質になるのを防ぎます。

オランダカラシエキスの含まれている無添加の育毛剤で頭皮の皮脂環境を整えることによって、頭皮や髪の毛が脂でベタベタになることを防いでくれます。

オランダカラシエキスはクレソンという植物から抽出される天然成分なので、肌が荒れる副作用はおこらず、安心して使用することができます。

 

発毛剤のセタノールで余計にオイリー頭皮になる

頭皮の皮脂を気にする人にとって、発毛剤を使うことは頭皮環境に非常によくないです。

なぜなら発毛剤には頭皮環境(皮脂環境)を乱す成分のセタノールが含まれているからです。

発毛剤に含まれる「セタノール」という成分は、頭皮の皮脂環境を乱す副作用があります。

せタノールは発毛成分を浸透しやすくするために使われています。

アルコール消毒液を想像していただくとわかりやすいのですが、アルコール消毒はガーゼで肌に塗るとすぐに乾きます。

セタノールはアルコールの一種(セチルアルコール)で、セタノールもすぐに乾燥する性質(揮発性)を持っています。

セタノールが入った発毛剤を頭皮につけることで、頭皮の水分を奪います。水分を奪われた頭皮は乾燥し、皮脂を多く出そうとします。

またセタノールの刺激自体もきついので、頭皮は過剰に反応して余分な皮脂を分泌します。

これがセタノールが頭皮の皮脂を余分に分泌させる理由で、頭皮の皮脂環境が破壊され、余剰分泌された皮脂で頭皮がベトベトになります。

セタノールにより頭皮の皮脂が過剰に分泌されると、酸化して固まった脂が毛穴を塞いでしまい、抜け毛が増えてしまいます。

無添加育毛剤にはセタノールは使われていないので、そんな心配はなく使用することができます。

無添加育毛剤のオランダカラシエキスで、頭皮のオイル環境を整えつつ発毛を促進していきましょう。

 

無添加育毛剤の効果2・・・・血流促進

成分の強い育毛剤や発毛剤を使うと、頭皮の炎症が起こるでしょ?」

抜け毛の予防はいろいろやってるけど、40代になって急に抜け毛が増えたし、髪にコシがなくなった」

確かに発毛剤はかぶれや炎症がおこって頭皮環境を悪化させるから、発毛剤の使用を中止せざるえをえなくなります。発毛剤の使用の中止は、薄毛に対して逆効果の場合もありました。

でもかぶれや炎症が起こらない無添加の薬用育毛剤なら、炎症によって育毛剤が使えなくなるなんてことはありません。

天然成分だけで作られた無添加の育毛剤なら、かぶれや炎症の心配もなく安心して毎日使うことができるので、育毛効果が実感できるまで使用することができます。

 

無添加育毛剤のニンニクエキスで血流促進

無添加育毛剤に含まれるニンニクエキスは、発毛環境を整えるのに役に立ちます。

特にニンニクエキスは血流促進の作用があるので、髪の毛一本一本にしっかり栄養を行き渡らせます。

そしてなんといってもニンニクエキスは、ニンニクから抽出される天然成分です。

ニンニクから抽出される天然成分なので、かぶれや炎症を起こすことなく発毛環境を整えてくれます。

 

発毛剤のセタノールは頭皮環境を悪化させる

発毛剤に使われているセタノールは、頭皮環境を悪化させる可能性があります。

セタノールは育毛剤の発毛促進成分を浸透させる役割を持っています。

スースーする作用を訴えている育毛トニックは成分表にセタノールと書いてあります。

ヘヤトニックやシャンプーを使用してスースーした感触になるのは、セタノールが作用しています。

セタノールはアルコールの一種(エチルアルコール)で、アルコールは蒸発するのが早いです。

注射をするときにアルコールの消毒液を手につけると、すぐに乾きます。

乾く際に温度も一緒に奪っていくので、ひんやりとスースとする感じが起こります。

発毛剤に使われているセタノールですが、頭皮環境を悪化させて発毛環境を破壊します。

セタノールは乾燥肌を引き起こすと同時にかぶれや炎症を引き起こします。

かぶれや炎症を引き起こすと発毛剤の使用は控えなければなりません。

頭皮環境の悪化を防いで発毛する環境を整えるためにも、発毛剤よりもセタノール無添加の育毛剤を選びましょう。

セタノールが使われていない育毛剤を使うことによって、頭皮が荒れる心配がありません。

セタノールによって頭皮環境が悪化するのを避ければ、かぶれや炎症の症状が起こるのを回避できます。

頭皮が荒れることがなければ、育毛剤の使用を停止するという事態にはならなずに発毛を促進し続けることができます。

育毛剤を問題なく使い続けることができるということも、頭皮ケアにとっては非常に大事なことです。

 

無添加育毛剤の効果3・・・頭皮環境の改善

「頭皮がかぶれているのでヒリヒリする発毛剤はつけられないな」

「トニックやシャンプーはいろいろ試したことがあるが、すぐに頭皮がかゆくなった」

頭皮環境の改善のためには、使用する育毛剤の有効成分がしっかりと頭皮に浸透していくことが大切です。

頭皮に浸透しない育毛成分なんて全く意味がありません。

実際に発毛剤に効果が出ないという人の中には、頭皮の荒れや炎症が原因で発毛剤の成分が浸透しないという問題が多く報告されていました。

しかし無添加の育毛剤なら、頭皮の荒れや炎症が起こることがなく安全に使用し続けることができます。

頭皮の荒れや炎症がないので、発毛促進成分がしっかりと毛根に浸透して発毛を促進します。

無添加の育毛剤を選んで頭皮環境を整え、発毛促進の有効成分をしっかりと毛根まで浸透させることこそが、抜け毛予防の第一歩になるのです。

 

無添加育毛剤の低分子ナノ水でより発毛促進成分が浸透する!

育毛剤に含まれる成分の分子をナノレベルまで最小化し、頭皮に浸透しやすくしたのが「低分子ナノ水」という技術で、低分子ナノ水を使用することにより頭皮や毛穴の隙間からしっかりと成分を浸透させることができるようになりました。

無添加育毛剤は「低分子ナノ水」で構成されています。

ナノとは大きさの単位で、1ミリの100分の1という非常に小さい単位のことです。

低分子ナノ水も育毛剤の天然無添加成分をナノレベルまで細くした水分のことで、頭皮に無害で副作用などの心配もない水分なので、頭皮の荒れや炎症を心配することなく使用することができます。

 

発毛剤のミノキシジルは頭皮に浸透しないから無意味

発毛剤の成分のミノキシジルは頭皮に対して非常に刺激が強く頭皮を荒らすので成分が浸透することなく、浸透しない成分では発毛効果も期待できません。

発毛剤の成分ミノキシジルは、成分自体が強い成分なので頭皮環境を荒らします。

ミノキシジルの副作用は10人に1人の割合で報告されています。

厚生労働省では、ミノキシジルの副作用を以下の通り認めています。

ミノキシジルの一般的な副作用:頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、局所熱感等、頭痛、気が遠くなる、めまい、胸の痛み、心拍が速くなる、原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ

引用元:厚生労働省ホームページ「医療品のリスクの程度」より

発毛剤はミノキシジルを浸透させるためにセタノールを使用しています。

セタノールはアルコールの一種で、使用したときにスースーする爽快感が特徴的です。

ただこのセタノールはアルコールなだけに蒸発するのがはやく、頭皮の水分を奪いながら蒸発します。

頭皮の水分が奪われると頭皮が乾燥し、乾燥した肌は紫外線の刺激から肌を守るために余分な皮脂を分泌します。

余分な皮脂は毛穴を詰まらせて頭皮環境を悪化させます。

悪化した頭皮環境ではミノキシジルも毛根まで浸透することがありません。

毛根までしっかりと浸透しなければ成分の効果も発揮されることがありません。

浸透力が弱いというだけで、発毛効果もかなり薄れてしまいます。

成分がしっかりと浸透しない発毛剤よりも、しっかりと成分が浸透し、頭皮環境を整えて発毛を促進してくれる無添加の育毛剤を選びましょう。

 

[発毛剤・育毛剤の選び方]脱毛の原因をブロック!薬用育毛剤を選ぼう

育毛剤と発毛剤の選び方で迷ったら、迷わず薬用育毛剤を選びます。

AGAは早期の予防が大切ですが、育毛効果のある薬用育毛剤なら、AGAによる抜け毛を防ぎます。

育毛剤と発毛剤の違いを紹介しながら、薬用育毛剤の効果を紹介します。

 

育毛剤の選び方1・脱毛酵素をブロックするオウゴンエキスを配合

「頭皮環境を整えるだけじゃ、薄毛は改善されないんじゃないの?」

「仕事で無理をしすぎたせいか抜け毛が増え、髪の毛にコシやハリがなくなった。」

頭皮環境を整えるだけではどうしても効果が弱いような、そんな疑いを持っていました。

でも育毛剤は頭皮環境を改善させると同時に、さらに抜け毛の要因となる脱毛酵素「5aリラクターゼ」を抑制する驚異の効果があります。

5aリラクターゼは「テストステロン」という男性ホルモンと結びつき、「DHT(ジビドロテストステロン)」という脱毛ホルモンに変わります。

5aリラクターゼはストレスによって活動が刺激され活発になります。

5aリラクターゼの働きが強ければ強いほど、テストステロンという男性ホルモンと結びつきやすくなります。

抜け毛を抑えるポイントは、この5aリラクターゼの働きを抑えてあげることにあります。

 

脱毛酵素をブロックする成分は「オウゴンエキス」

5aリラクターゼの働きをおとなしくしてあげることが、抜け毛を減らす第一歩と紹介しましたが、育毛剤には5aリラクターゼの働きを抑える成分「オウゴンエキス」が配合されています。

育毛剤に含まれるオウゴンエキスという成分は、抜け毛の原因の脱毛ホルモンのDHT(ジビドロテストステロン)を作り出す脱毛酵素の5aリラクターゼに働きかけます。

オウゴンエキスが脱毛酵素の5aリラクターゼの働きを抑えることによって、DHT(ジビドロテストステロン)が生成されるのをブロックします。

DHT(ジビドロテストステロン)が生成されなくなれば、DHT(ジビドロテストステロン)が原因の抜け毛も起こりにくくなります。

脱毛酵素の5aリラクターゼの働きを抑えることで、抜け毛の原因を根本からから抑えることができます。

 

発毛剤では脱毛酵素をブロックする成分を届けられない

発毛剤には脱毛酵素の働きをブロックする成分は配合されていません。

発毛剤は頭皮環境を逆に破壊する、ミノキシジルという副作用の強い成分でできているので頭皮環境が悪化します。

頭皮環境が悪化した頭皮では、脱毛酵素の5aリラクターゼをブロックする成分を毛根までとどけることができません。

脱毛酵素の5aリラクターゼをブロックする成分がしっかりと毛根に浸透しなければ、脱毛酵素の5aリラクターゼをブロックする成分の効果が発揮されません。

 

発毛剤の副作用ん頭皮トラブルで使用を中止するはめになる

発毛剤の成分のミノキシジルの副作用には頭皮トラブルがあります。

頭皮トラブルが起こると発毛剤の使用を控えなければなりません。

また炎症を起こす成分セタノールや、頭皮を乾燥させたり炎症をおこしたりする酸化防止剤(ブルチルヒドロキシトルエン)が使われています。

これらの強い成分を頭皮に塗り続けると、頭皮環境が悪化します。

発毛剤には発毛環境を改善する作用がないために、せっかくの発毛成分の効果もほとんどなくなってしまいます。

頭皮にトラブルが発生した荒れた頭皮に発毛剤をつけても、しっかりと毛根まで成分が届かないばかりか、トラブルが原因で髪の毛が傷んで抜けてしまうことがあります。

頭皮環境を整えなければ、脱毛酵素の5aリラクターゼをブロックする成分がしっかりと届くことがないのです。

育毛剤にはオウゴンエキスが使われているので、脱毛酵素の5aリラクターゼの働きを抑制して抜け毛を抑制できます。

頭皮環境を整えて発毛環境を作り上げる育毛剤に、抜け毛を抑える成分が入っているからこそ育毛剤の真価があります。

抜け毛を抑える成分をしっかりと抜け毛の原因に届ける。これができるのは頭皮環境が整っている状態の頭皮だけです。

そして頭皮環境を整えてくれるのは、セタノールや酸化防止剤を使用しておらず、副作用の強い成分(ミノキシジル)を使用していない、無添加育毛剤だけなのです。

 

育毛剤の選び方2・脱毛因子をブロックするクワエキスを配合

「M時ハゲをこれ以上後退させたくない」

「最近ストレスが溜まっている。そのためか抜け毛がひどい」

育毛剤は脱毛酵素(5aリラクターゼ)の働きを抑制して、脱毛の原因となるDHT(ジビドロテストステロン)の生成を抑え、抜け毛を防ぎます。

ただ本当にそれだけで抜け毛は予防できるの?という疑問は残っていました。

でも育毛剤は脱毛酵素(5aリラクターゼ)を抑制するだけではなく、脱毛因子「TGF-β」の働きまでもまでも抑制する、驚きの効果があります。

脱毛因子「TGF-β」とは、脱毛の指令である「FGF-5」を出して毛根に作用し、健康な髪の毛を抜けさせる物質です。

脱毛因子(TGF-β)は、髪の毛の生え際やつむじでより活発に活動することがわかっています。

前頭部や頭頂部の男性ホルモン感 受性毛包においては,DHT の結合した男性ホルモン 受容体は TGF-β などを誘導し毛母細胞の増殖が抑制 され成長期が短縮することが報告されている

引用元(日本皮膚科学会ガイドライン『男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年)』PDF資料より):

つむじや生え際には脱毛酵素5aリダクターゼが側頭部よりも活発に活動するため、抜け毛の原因となるDHT(ジビドロテストステロン)の生成が活発化し、さらにはTGF-βの生成が活発になるためです。

この脱毛因子「TGF-β」が増えることによって、健康な髪の毛が抜けて頭髪の後退(特に生え際やつむじの部分)がはじまるのです。

5aリダクターゼをブロック

育毛剤は脱毛酵素(5aリラクターゼ)と脱毛因子(TGF-β)の働きをダブルでブロックするから、隙がなく抜け毛の対策ができるのです。

育毛剤に使われている脱毛因子「TGF-β」を抑制する有効成分は「クワエキス」です。

 

脱毛因子をブロックする成分は「クワエキス」

脱毛因子の「TGF-β」の働きを抑制してくれる育毛剤の有効成分が、クワエキスです。

脱毛因子の「TGF-β」とは健康な髪の毛を脱毛させる指令「FGF-5」を出し、このFGF-5は毛乳頭や毛母細胞の働きを抑制して抜け毛をひきおこす脱毛因子です。

クワエキスが脱毛因子「TGF-β」の動きを抑制することによって、脱毛指令「FGF-5」がでるのをブロックします。

この脱毛指令「FGF-5」は強力で、本来であれば健康な髪の毛まで衰退させて、ついには抜けさせてしまいます。

髪のライフサイクルでは健康な髪の毛は2〜5年以上は成長し続けます。

しかしこの脱毛指令のFGF-5によって髪の寿命が縮み、本来は2年以上生えている髪の毛が1年も持たずに抜けてしまいます。

髪の毛の寿命が短くなることによって、抜け毛が増えてきます。抜け毛が増えることによって薄毛の原因になります。

ヘアサイクル

クワエキスは「TGF-β」がこの脱毛指令「FGF-5」を出させないようにブロックする働きがあります。

クワエキスがしっかりと作用することによって、抜け毛の原因となる脱毛因子の働きを抑制するのです。

 

発毛剤では脱毛因子をブロックする成分を届けられない

発毛剤には抜け毛を減らすはずの成分のミノキシジルが、頭皮環境を荒らしてしまうのでしっかりと毛根まで成分が浸透しにくいです。

発毛剤は頭皮環境を荒らしてしますので、成分がしっかりと浸透していかないのです。

せっかくの発毛剤の成分も、頭皮環境の改善なしには全く効果がでません。

育毛剤を選ぶなら、頭皮環境をしっかりと整えてくれるものを選びましょう。

抜け毛を抑制する有効成分を、しっかりと頭皮に浸透させることが、抜け毛を抑制する第一歩です。

そのためには頭皮環境を整えることは非常に大事です。

健康な頭皮は青白い色をしています。

頭皮が赤くなっていたり炎症が起こっていたりニキビができていたり、皮脂で頭皮がベトベトの場合は頭皮環境が悪化した状態です。

頭皮環境が悪化している状態で発毛剤をつけても意味はありません。まずは育毛剤を使って頭皮環境を整えましょう。

育毛剤で頭皮環境を整えて抜け毛の対策をすることが、薄毛の対策の第一歩になります。抜け毛でお困りなら、まずは育毛剤を使って頭皮環境を改善することから始めてみましょう。

 

育毛剤の選び方3・浸透力を高める低分子ナノ水を使用

「年齢を重ねるにつれ、だんだん頭皮がカチカチに固まってきた」

「なるべく早く発毛を実感したい」

頭皮は年齢とともに老化によって固くなり、毛穴もそれにつれて小さくなっていきます。

「頭皮がカチコチの状態でしかも脂ぎっている状態では、育毛剤の成分が毛穴から浸透しないんじゃないの?」という疑問も起こりました。

しかし低分子ナノ水を使用した育毛剤なら、年齢とともに固くなった頭皮の奥の奥までしっかりと成分が浸透します。

低分子ナノ水を使用することによって、成分の「浸透力」が格段に上がりました。

成分がしっかりと浸透して毛根まで届くので、今までにないほどに早く発毛促進効果を実感できます。

 

低分子ナノ水で発毛成分が奥まで浸透する理由

低分子ナノ水はその名の通り、成分がナノ単位(非常に細かい単位)まで小さくなっており、その小ささは毛穴や皮膚の隙間よりも小さいので、成分が頭皮の隙間から奥へと浸透していくのです。

浸透した成分は毛根までしっかりと届き、栄養や発毛促進成分を毛根まで届けます。

低分子ナノ水の技術が使われている育毛剤を使うことによって、今までよりも格段にはやく発毛を促進できるようになりました。

 

発毛剤では発毛成分を奥まで浸透させることはできない

発毛剤には保湿成分や血行促進成分が含まれていないため、頭皮環境を整えることがなく、頭皮環境が整っていない頭皮に発毛剤を使用しても成分は毛根まで浸透しません。

頭皮環境が整っていないところに発毛剤をかけても、成分がしっかりと浸透していきません。

特に皮脂の環境を整える効果が発毛剤にはありません。皮脂がたまった状態で発毛剤を使用しても成分が毛根まで到達することはありえないのです。

そもそも低分子ナノ水を使用しているのは育毛剤だけです。

発毛剤は頭皮環境を整える効果がないことと、低分子ナノ水を使用していないことによって「浸透力不足」がおこるのです。

浸透力が不足すると、年齢とともに固くなった皮膚にしっかりと発毛成分が浸透しないということは想像に難くないです。

育毛剤と発毛剤の選び方で迷ったら、迷わずに低分子ナノ水を使用している育毛剤を選びましょう。

 

[育毛剤と発毛剤の価格]育毛剤はコスパで選ぶのが常識!

 

1価格と効果で選ぶ育毛剤☆コスパで比較する

「育毛剤の発毛促進効果も結構すごそうだけど、お値段も相当するんじゃないの?」

「薄毛はどうにかしたいけど、なるべくお金はかけたくないな。」

効果の高い育毛剤はそれだけ値段が高くなることはありました。

しかし効果は当然にあるが、値段も良心的でリーズナブルな育毛剤もたくさんあります。

発毛剤よりも発毛促進効果が高く、安全安心でしかも値段もお得な育毛剤を紹介します。

 

効果が高くて低価格の育毛剤ならイクオス

効果が非常に優れていて安心でき、かつ価格もリーズナブルな育毛剤は、ずばり「イクオス」です。

イクオスは天然無添加成分のみ配合の画期的な育毛剤です。

イクオスのメーカーが独自に開発した、イクオスに含まれる成分「Algas-2」の発毛促進効果も、発毛剤の成分と同等かそれ以上の効果があるという研究結果もでています。

「そんなにすごい育毛剤なら値段も高いんじゃないの?」という疑問が湧いてくると思いますが、イクオスは非常に良心的な値段設定をしています。

他の市販の育毛剤に比べると非常にお得に購入することができます。

 

2価格と効果で選ぶ育毛剤☆一番安く購入できる方法で比較する

楽天やアマゾンで購入すると、公式で買うよりお得に買える時ってあるよね!」

「損をするのは嫌だ」

確かに売り物の中には、アマゾンで購入したほうが非常にお得に購入できる商品もあります。

しかしイクオスやその他の育毛剤に限って言えば、アマゾンや楽天で購入するよりもイクオスの販売者の公式サイトで購入したほうが、定期便で断然お得に購入することができます。

むしろアマゾンで購入すると保障が受けられなくなったり、割引率が悪かったり、付属のサプリやシャンプー割引特典が受けられなかったりします。

イクオスを購入するなら絶対に「公式サイト」から申し込みましょう。

 

公式サイトからの購入でお得!イクオスは初回65%OFF

公式サイトからの購入特典としてイクオスは、初回の購入最大で65%割引で購入することができます。

例えばイクオスをアマゾンで買おうとすると、イクオスとサプリのセットで10,800円が最安値です。

公式の値段は、毎月定期コースを選択できて6,980円なので、公式のほうが断然お得に購入できます。

 

イクオスは公式サイトからの購入のみアフターサポートが受けられる

イクオスは公式サイトから購入した場合のみ、電話やメールでサポートを受けることができます。

サポートは主に商品に関しての相談や育毛に関しての相談をすることができます。

使い始めてから疑問に思ったことや、不明なことなどをいつでも質問することができるので安心して製品を使用することができます。

また公式サイトから申し込んだ場合のみ、「育毛ケアガイド」という育毛のための冊子をもらえます。

また定期で申し込んだ方には一回の発送に一冊ずつ、育毛情報冊子が同封されて届きます。

育毛についての疑問や効果的なイクオスの使い方などが載っています。

 

3価格と効果で選ぶ育毛剤☆全額返金保証で比較する

「使ってみて効果がなかったらどうしよう」

「どうせ広告が大げさなんじゃないの?」

商品を購入したけれど、全然使えなくて激しい後悔をしたことって一生のうちに何回かはあると思います。

商品を購入するときはいつでも、「万が一自分に商品が合っていなかったら」「騙されてるんじゃないか」ということが心配になりますよね。

しかしイクオスには購入した後も全額返金してもらえる保障制度がついているので、「万が一」を心配せずに安心して購入することができます。

 

イクオスなら全て使い切っても全額返金保証で安心!

育毛剤のイクオスは、容器を空にした後でも満足することができなければ全額返金してもらえます。

45日という長い、1ヶ月以上の返金可能な期間があるので、まずは1ヶ月じっくり時間をかけて使用することができます。

その後でも製品に満足できなければ、返金してもらうことができます。

まずは1ヶ月間じっくり試して、自分に合っているかどうかや、発毛促進効果を実感してみてはいかがでしょうか。

 

価格と効果で育毛剤を比較

 イクオスフィンジアブブカプランテルリアップ
価格  ⭕️
5,980円
9,980円11,664円6,980円7,611円
返金保障  ⭕️
45日以内
30日以内30日以内30日以内なし
送料無料無料無料無料無料
定期購入割引 ⭕️
49%off
22%off28%off28%offなし
コスパ  ⭕️
199円/1日
332円/1日388円/1日232円/1日253円/1日

価格で見ても、1日の料金的にもイクオスが一番お得でコスパが良いということがわかります!

 

[育毛剤・発毛剤の使い方]注意!育毛剤と発毛剤の併用はNG

育毛剤や発毛剤の効果は、使い方で差がつきます。

ここでは、正しい育毛剤や発毛剤の使い方を紹介します。

 

育毛剤の効果的な使い方1・育毛剤と発毛剤の併用は絶対NG

育毛剤と発毛剤を併用すれば、すごい効果が得られるのでは」

「できうる限りの対策をして、なるべく早めに薄毛を改善したい」

育毛剤は頭皮環境を整えて、発毛のための土壌をしっかりと育ててくれます。

そこで考えることは、育毛剤でしっかりと発毛環境を整えつつ発毛剤を併用すれば、ものすごい効果が得られるのではないか?ということです。

しかし発毛剤と育毛剤を併用することは、全くもって逆効果にしかなりません。

薄毛の改善をするためには頭皮環境を整えることが重要です。発毛剤はそもそも頭皮環境を悪化させます。

頭皮環境が改善して発毛環境が整う前に発毛剤を使用し続けても、全く発毛効果を得ることができません。

 

育毛剤で発毛の促進を実感するまでの期間は3~6ヶ月

産毛が生えてきたし、髪も太くなってきた。発毛が促進されているな」という効果が実感できるまで、3ヶ月以上は時間がかかります。

頭皮環境の改善に3ヶ月から6ヶ月はかかるからです。

生活習慣やストレスなどで長年痛めつけられてきた頭皮環境を改善するのは、1週間や2週間でできるものではありません。

タバコや睡眠不足といった生活習慣の乱れやストレスで、毛穴や毛細血管の状態はかなり悪化しています。

毛穴や毛細血管の状態の悪化が抜け毛の原因の一つなので、まずはそこから改善していく必要があります。

毛穴の状態や毛細血管の状態は、新陳代謝によって改善されます。

育毛剤で頭皮環境を整え、この新陳代謝によって頭皮の状態を良好にします。

新陳代謝で頭皮の環境がリセットされるまでおよそ3ヶ月はかかります。

そのあとで育毛剤の発毛促進成分がしっかりと効くようになり、産毛が生えるというプロセスを辿ります。

このプロセスをたどるのに少なくとも3ヶ月〜6ヶ月かそれ以上はかかるのです。

発毛剤や育毛剤をダブルで併用してつかって、早く薄毛を解消したい欲はだれでもでます。

ですが発毛に失敗している人は、頭皮環境の改善を無視した薄毛のケアをしています。

頭皮環境を整える前に発毛剤を使っても、発毛剤の効果はなくなります。

なぜなら発毛剤は頭皮環境を悪化させるので、育毛剤の頭皮環境を改善する効果の意味がなくなるからです。

まずは育毛剤を単体で使って、しっかりと頭皮環境を整えることが重要です。

焦って効果を早めようとして、発毛剤を育毛剤と併用しようとしても頭皮環境を破壊するだけです。

効果がないどころか逆効果なので、育毛剤と発毛剤の併用は使い方としては間違っています。

 

育毛剤の併用に注意!副作用で余計にハゲる可能性も

育毛剤と育毛剤を併用すると、育毛剤の成分同士が混じりあって不自然な反応がおこり、不自然な反応をおこした成分は、頭皮を傷つけたり炎症をおこしたりするので逆にハゲる可能性があります。

一本の育毛剤に調合されている成分の割合は、研究に研究を重ねて決定しています。

頭皮環境を守り崩さないためには、育毛剤同士併用したり、育毛剤と発毛剤を併用することは絶対に避けましょう。

育毛剤と育毛剤なら大丈夫そうと考えるかもしれません。育毛剤と育毛剤を併用することも、頭皮環境にはよくないですし避けるべき行為です。

下手に併用して頭皮環境を悪化させるよりは、まずは一本の育毛剤で腰を据えて頭皮環境を改善していきましょう。

頭皮環境さえ整えば、発毛環境が自然と整い抜け毛の悩みも解決します。

 

育毛剤の効果的な使い方2・液だれに注意!一度につけない

スプレー式のものはついつい使いすぎてしまう。」

「気になる箇所にはたくさんつけたい」

育毛剤の使い方で育毛剤の効果も変わってきます。育毛剤をつける時には一度にたくさんつけたくなる衝動にかられることがあります。

一度にたくさん量を多くつければ、その分成分も行き渡り効果も抜群!というような考えを持つこともしばしばあります。

しかし一度にたくさんつけようが、適量だけつけた時と全く効果は変わりません。

むしろ液だれをおこして容量が減るのが早くなりますし、液体が目に入ったら天然無添加成分とはいえあまりよくありません。

 

スプレー式の育毛剤は数回に分けてつけよう!

スプレー式の育毛剤は、数回に分けて両手の指で頭皮をもむマッサージをしながらつけると効果的です。

育毛剤をつける→指で頭皮をもんで育毛剤をもみこむようにする、という手順で育毛剤をつければ、育毛剤の成分がまんべんなく毛根に浸透していきます。

頭皮を指でマッサージすることによって頭皮が柔らかくなり、育毛剤の発毛促進成分が頭皮の奥の毛根まで浸透しやすくなります。

また頭皮マッサージによって血流が促進される効果も期待できるので、育毛剤の血流促進効果と合わせると非常に効果のある使い方ができます。

容器の中にはスプレー式のものと、プッシュ式のものとがあります。

プッシュ式のものは自分で分量を図れるのですが、スプレー式のものは特に一回の容量は決まっていません。

一回の容量が決まっていないので、一箇所に一度に集中して大量につけてしまいがちですが、それではもったいないです。

一箇所に多くつけても適量だけつけても、どちらも効果的には変わりありません。

スプレー式の育毛剤は、数回に分けてマッサージをしながらスプレーをしていきましょう。

 

育毛剤の効果的な使い方3・つけすぎに注意!容量を守る

「なるべくはやく発毛促進効果を実感したい!」

「大量につければ効果も上がるはずだ」

育毛剤は一度に大量につければつけるほど効果が増して、薄毛の改善が早くなるだろう!
だれしもがそのような期待を持ちます。

しかし一度に大量につけようがつけまいが、効果が早まるということは全くありません。

育毛剤には規定の量が決まっています。

一回にワンプッシュだけだったり、一滴たらすだけであったりと、育毛剤のメーカーによって規定の量を定めています。

育毛剤の使い方として、規定の容量を守ることが一番、発毛促進への近道になります。

 

容量を守らないと頭皮環境の悪化に繋がる可能性もある

容量を守らず余分な液体が頭皮に残ると、液体が酸化したり頭皮がのこった液体が固まったものが詰まったりして、育毛剤で改善した頭皮環境を逆に破壊することになります。

一度に大量につけると育毛剤の量が減るのが早くなるばかりか、余分な液が頭皮に残ってしまいます。

余計な液体が残って酸化したりほこりと混じって汚れたりすると、頭皮の汚れや毛穴のつまりなどを引き起こします。

頭皮が汚れたり毛穴が詰まるといったことが起こると、頭皮環境が非常に悪化します。

頭皮環境が破壊されると炎症がおきたりフケやかゆみの原因になります。また頭皮の液体から、いやな匂いが発生することがあります。

効果を早めたいために一度にたくさんつけたい衝動にかられますが、使用する量は規定の量が一番効果的です。

育毛剤を使用するときは、適切な分量を心がけましょう。

2018年おすすめの育毛剤のランキング

 
 

おすすめの育毛剤ランキング

育毛剤イクオスを徹底解説
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ